top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

タイミングばっちり!品川ヒロシ監督のどん底からの「リスタート」の説得力!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

TOKYO HEADLINE

 こんにちは、黒田勇樹です。

 なんだかんだとありましたがオリンピックが始まりましたね。

 開会式は楽しませていただきました。賛否両論あるみたいですが、そういうもんですよね。古くからの友人も出ていたりしたので、関わった皆さんには「お疲れ様でした」と声をかけてあげたいです。

 世間は五輪とコロナの話題でいっぱいですが、こちらは粛々と脚本を書いたり映像の編集をしたりの毎日です。

 さあ、今週も始めましょう。

広告の後にも続きます

 品川ヒロシ監督の「リスタート」を観てきました。緊急宣言中だというのに見たい映画は満席で、仕方なくマークしていなかったこの映画を鑑賞。

 シンガーソングライターを目指して上京したのに地下アイドルになって、バンドマンと不倫したのを週刊誌にすっぱ抜かれて落ちぶれて、そこから再起するまでの物語という…

「ダサいNANA」みたいなストーリー!

 シーンもどれもどこかでみたことがあるし、セリフもありがちなものを、かなりゆったりとしたテンポで耽々と。ネットやマスコミへの批判も「一度はどこかで読んだことがある」テンプレ的な内容で、なにより“陽キャ”が主人公なんですが、ここはもう以前から感じていた品川監督特有の“陰キャからみた陽キャ”の描写が際立ってて、細かい説明台詞が出てくる度に「いや、陽キャはそんなん“ウェーイ”で済ますわ」っつー描写が続くのですが

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル