top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今年のサラリーマン川柳コンクールの入賞作品は? ユーモアやウィットに富んだ川柳

grape [グレイプ]

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言』にお付き合いください。

サラリーマン川柳で笑う!

マスクマスクの日常生活で、笑うことが、大きな声で笑ったりすることが、何となく抑えられ、笑顔のある生活が少なくなっているように思われます。

会議でも、友人達やご近所さんとの立話でも…。早くマスクのない、笑いのある生活を取り戻したいものですね。

そこで今回は、例年第一生命が主宰している今年のサラリーマン川柳コンクールの入賞作品を列記させていただきますので、ニンマリ笑って頂けると幸いでございます。

広告の後にも続きます

【1位】
「会社へは 来るなと上司 行けと妻」(なかじ)

【2位】
「十万円 見る事もなく 妻のもの」(はかなき夢)

【3位】
「リモートで 便利な言葉 “聞こえません!”」(リモートの達人)

【4位】
「嫁の呼吸 五感で感じろ! 全集中!!!」(鬼嫁一家)

【5位】
「じいちゃんに JY.Parkの 場所聞かれ」(けぇぽっぷ)

【6位】
「我が部署は 次世代おらず 5爺(ファイブジイ)」(松庵)

  • 1
  • 2

TOPICS