top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

瀬戸大也 逆ギレ?“むかつく”発言に応援者もあ然「ガッカリ」

女性自身

瀬戸大也 逆ギレ?“むかつく”発言に応援者もあ然「ガッカリ」

昨年9月に女性問題が報じられ“ブランク”を経ての五輪出場となった競泳・瀬戸大也選手(27)。7月24日に行われた400m個人メドレーの予選では、全体9位で決勝進出を逃した。

 

レース後、メディアの取材に「もう1回泳ぎたい。やっちゃった」「自分でもちょっと信じられない」と落胆した様子を見せていた瀬戸選手。

 

大会直前には日刊スポーツの取材に、400m個人メドレーで金メダルを獲得する確率を「99%」と回答。「金メダルは絶対に取る。金メダルよりも出したいタイムがある」と意気込んでいたが、儚くも金メダルへの挑戦は終わった。

広告の後にも続きます

 

思い描いていた結果を出せない焦りなのか、瀬戸選手のインタビューでの“放言”が物議を醸している。

 

26日、200mバタフライの予選で準決勝進出を決めた瀬戸選手。各メディアによるとレース後、「余力を持って予選を泳ぐのが自分の戦い方。ネットでいろいろなことを言われてむかつきますけど、パワーに変えたい」と語ったというのだ。

 

「次レースへの意気込みだったのでしょうが、コメントの軽さや内容が応援する人々を落胆させているようです。瀬戸選手は女性問題を起こしたことでANAから契約解除され、2カ月半の活動停止処分に。一時は出場すら危ぶまれていましたが、そういった“ブランク”を作ったのは瀬戸選手本人です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル