top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

なでしこジャパン、苦しみながらベスト8進出。岩渕真奈は「不安もあったけど…」と涙を浮かべる【東京五輪女子サッカー】

フットボールチャンネル

なでしこジャパン、苦しみながらベスト8進出。岩渕真奈は「不安もあったけど…」と涙を浮かべる【東京五輪女子サッカー】

【なでしこ 1-0 チリ 東京五輪・グループリーグE第3節】

 なでしこジャパン(日本女子代表)は27日、東京五輪(東京オリンピック)・女子サッカーのグループリーグE第3節でチリ女子代表と対戦した。

 負ければ敗退というプレッシャーの中、なでしこのイレブンは立ち上がりからチリ代表を押し込む。しかし、世界的GKクリスティアネ・エンドレルのファインセーブもあり、なかなか点を奪うことができない。反対に、0-0で迎えた後半には前掛かりになったところを突かれ、あわや失点という場面を招いている。

 それでも、77分に途中出場の田中美南が値千金の先制点を奪取。これが決勝点となり、なでしこがチリ代表を1-0で下した。この結果、高倉麻子監督率いるチームはグループ3位でのベスト8入りが確定している。

 フル出場を果たし、何度もビッグチャンスを演出。そして田中のゴールをお膳立てするなど勝利の立役者となった岩渕真奈は「正直、今まで感じたことがないプレッシャーがあった。ここで終わるわけにはいかなかったですし、不安もあったけど皆の力で勝ててよかったです」と、少しだけ目に涙を浮かべながら試合を振り返っている。

広告の後にも続きます

 非常に苦しんだが、グループリーグを突破したことでチームはホッと一息つけるだろう。しかし、準々決勝の試合は早くも3日後にやってくる。メダル獲得へのカギを握るエース岩渕は「本当に難しい試合が続くと思んですけど、中2日で良い準備をしてぶつかるだけです」と力強い言葉を残した。

 なお、なでしこジャパンは準々決勝でスウェーデン女子代表と対戦する。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル