top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

芦田愛菜 迷った時の人生観「自分に人生の最終決定権があると思ってしまうと…」

TOKYO HEADLINE

 

 長編アニメーション映画『岬のマヨイガ』完成披露試写会が27日、都内にて行われ、ボイスキャストを務めた芦田愛菜、大竹しのぶ、粟野咲莉と、川面真也監督が登壇。芦田が「人生で迷ったとき」への向き合い方を明かした。

 とある事情から、人生に迷った者が訪れるという古民家マヨイガで暮らすようになった少女たちの成長物語。

 大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」以来の共演という芦田に、大竹は「メイク室でキャッキャ笑っていた愛菜ちゃんがこんなに立派になって」と言うと芦田は照れながら「覚えていてくださってうれしいです。大竹さんのような女優さんになりたいなと思っていて、今度はお芝居でご一緒させていただければ」と顔を見合わせにっこり。

 お気に入りの場面として、食事シーンを上げた芦田。「(演じた)ユイがずっとおいしい、おいしいと言っているんですが、ご飯がおいしいというだけでなく誰かと一緒に食べるごはんがおいしいということなのかな、と。まさにこういうことが小さな幸せというのかなと思いました」と話し、大竹も物語の舞台となった岩手の風景を絶賛。

広告の後にも続きます

 

 物語にちなみ「人生で迷ったときどうするか」と質問されると、芦田は「私はまだ人生で大きく悩んだことがないのですが、悩んだときはまず自分の中で分からないなりに考えて、自分が一番納得できる答えを探し、行動してみて、あとはもう結果は決まっているのだから、と思うようにしています。自分に人生の最終決定権があると思ってしまうと、自分を責めてつらくなってしまうと思うので…」と、しっかりした視点をのぞかせつつ「でもなかなか難しくて結局、後悔しちゃうんですけど(笑)」と笑った。

 一方、大竹は「私は愛菜ちゃんよりたくさん生きていますが、あまり迷うことなく直観的に生きてきました。座右の銘が“まあいいか”なので」とあっけらかんと語り、会場の笑いをさそった。

 この日は、河童役で声の出演をしているサンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしがビデオで登場。「我々が愛菜ちゃんに、いい映画なのでと薦めて許可を取ったんです。親子みたいな関係でございます」と冗談めかしつつ映画をアピールした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル