top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

仏教の聖地で中華を食べる!天台山の食文化と農家レストラン|山口祐介の江南食巡り①

80C[ハオチー]

中国料理FROM天台山!当企画は、2021年にオープンした中国浙江省の山岳リゾートホテル「星野リゾート 嘉助天台(かすけてんだい)」総料理長・山口祐介さんの中国食探訪記です。仏教の聖地・天台山から、ここに住み、食を生業として働く料理人の目線で見た《中国の食》をご紹介します。

初めまして、山口です。一昨年から出張でたびたび中国に行っていたのですが、2021年2月から浙江省・天台山の「星野リゾート 嘉助天台」の総料理長として中国で働くことになりました。

新型コロナウイルスの影響で日本での足止めが長く、一時は行けなくなるかと思いましたが、2021年2月、ついにビザが下りたのです。今やっと、中国で鍋が振れる喜びを噛み締めています。

一方で、以前のように気軽に海外旅行に行けるようになるのはまだ先でしょう。そこで今、僕が中国で体験していることを伝えていけたらと思っています。まず1回目は、僕が住み、働いている天台山の環境と食文化について紹介しますね。

山口祐介(やまぐち ゆうすけ)

1980年生まれ。中学時代、横浜中華街で食べた東坡肉に感動し、中国料理の道を志す。都内中国料理店数店、グランド ハイアット 東京「中国料理 チャイナルーム」、中国料理「JASMINE」グループ総料理長を経て、2021年中国浙江省「星野リゾート 嘉助天台」総料理長に就任。単身寮生活で天台山に暮らしている。

 

いざ仏教の聖地・天台山へ!

広告の後にも続きます

天台山と聞いて日本人がピンとくるのは、恐らく仏教の天台宗ではないでしょうか。かつて唐に渡った最澄が日本に広めた、法華経を経典とする天台宗です。

日本では比叡山延暦寺に天台宗の本山寺院があります。(Photo by Takako Sato)

そんな天台宗発祥の地・天台山は、中国大陸東部の浙江省にあります。アクセスは上海から車で4時間、寧波空港から車で2時間ほど。2021年下期には新幹線が開通する予定があり、実現すると上海から2時間で到着です。そうなると、だいぶ行きやすくなりますね。

ここは日本であまり知名度がないかもしれませんが、中国では年間約2,000万人が訪れる観光地。中国の国家観光局が定める観光地等級では、最高等級の「国家5A級観光地」です。

実際、このあたりの空気は冷涼で気持ちよくて、本当に自然豊か。僕の働くホテルも、上海近郊からリゾートを楽しみに来る人が多いです。

天台山の中心的な寺院として知られる国清寺。 天台山の中心的な寺院として知られる国清寺。

行きつけは農家楽。定番は絞めたての鶏と新鮮野菜!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル