top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【東京五輪24日】日本柔道、男子60キロ級の高藤が金! 日本初メダルは女子48キロ級の渡名喜の銀

TOKYO HEADLINE


 東京オリンピックの2日目の24日、柔道男子60キロ級の髙藤直寿が優勝、日本勢初となる金メダルを受賞した。柔道では女子48キロ級の渡名喜風南(となき・ふうな)が銀メダルを奪取し、日本選手団初のメダルももたらした。お家芸の柔道のメダル奪取で、他競技の日本代表にいい刺激を与えそうだ。

 髙藤は、決勝で楊勇緯(台湾)と対戦。延長の末、相手に指導が3度与えられ反則となり、結着。この階級では4大会ぶりの金メダルとなった。髙藤は目を潤ませながら「コーチや井上康生監督に迷惑をかけてばかりだったので、結果を残せて良かったと思っています。こうやって(東京オリンピックを)開催していただいたおかげです」と感謝。「豪快に勝つことができなかったのですが、これが僕の柔道です。今まで応援してくれていただいてありがとうございました。金メダリストとして柔道を磨いていきたいと思います」と話した。

 渡名喜は、準決勝でここまで1勝4敗のダリア・ビロディド(ウクライナ)と対戦。延長に持ち込んで抑え込み一本勝ちで破った。決勝では、ディストリア・クラスニチ(コソボ)と対戦。終了間際に内股で技ありをとられて銀メダル。渡名喜は、悔し涙を拭いながら「自分の弱さが出てしまった。しっかりとこの負けを認めていきたい」とコメントした。

 

体操の内村航平とウェイトリフティングの三宅宏実は五輪終える。三宅は引退表明

 

広告の後にも続きます

 体操男子の内村航平は種目別鉄棒に臨んだが、途中でバランスを失って落下、その後、演技を再開したが、決勝進出を逃した。内村は「自分としては、代表が決まってから強い気持ちでやってきたつもりでしたけど、本当につもりだったのかな」。また、「もう米倉(英信)に土下座して謝りたいですね。本当にそんな気持ちです」とコメント。米倉とは五輪代表選考を最後まで争った。その後、米倉は自身のツイッターアカウントで「航平さんがミスしてしまっていろんな思いがありますが、お疲れ様でしたといいましょう! あとは、オリンピックにはいつもと違う雰囲気が流れてたし航平さんも、1人の人間なんだなって思いました。土下座はしなくて良いですからね!笑」と、レスポンス。

「競技人生の集大成」として臨んだウェイトリフティングの三宅宏実は、スナッチで74キロを挙げたが、ジャークで99キロを3回とも失敗。記録なしで東京五輪を終えた。三宅は今大会を最後に現役引退を表明した。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル