top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アヴちゃんと森山未來が10年ぶり共演! 湯浅政明監督最新作でヴェネツィア映画祭に挑む

TOKYO HEADLINE

 

 湯浅政明監督による劇場アニメーション映画『犬王』(配給:アニプレックス、アスミック・エース)が第78回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門に選出。同部門で日本の長編アニメーション作品が選出されるのはこれが初。また、メインキャストとして「女王蜂」のボーカル・アヴちゃんと俳優の森山未來が決定した。

『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』の湯浅政明監督が「平家物語 犬王の巻」(古川日出男 著)を原作に、室町時代に人々を熱狂させた実在の能楽師・犬王と、そのバディである琵琶法師・友魚の友情を描く。「あまちゃん」『花束みたいな恋をした 』の大友良英が音楽を手がける。

 犬王役、にアヴちゃん、バディの友魚役には森山未來。公私ともに仲が良いという2人が映画『モテキ』以来10年ぶりの共演を果たす。

 アニメ「DEVILMAN crybaby」以来の湯浅作品参加となるアヴちゃんは「普段女王として生きているわたしが、今回“王”として生きる機会を頂きました。『犬王』。まっすぐに、運命の映画だと言い切ることが出来ます」と語り、湯浅作品初参加の森山は「琵琶法師、友魚として、これまたぶっ飛んだアヴちゃん演じる、艶やかな犬王に寄り添う。必然、ジェットコースターのような現場でした」とアフレコを振り返っている。

広告の後にも続きます

 本作の公開は2022年初夏に決定。今年9月に開催予定の第78回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門選出を受け、同映画祭での上映がワールド・プレミアとなる。

『犬王』【特報映像】https://youtu.be/ORfqoRY5dYI

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル