top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本橋に昭和レトロな憩いの喫茶店が登場!秋田発の文庫カフェ「黒澤文庫」の魅力とは?

TOKYO HEADLINE

 中央区の日本橋髙島屋S.C.新館に27日、商業施設初出店となる文庫カフェ「黒澤文庫」がオープンした。「本と珈琲とインクの匂い」がコンセプトの文庫カフェは、仙台市の「青山文庫」、秋田市の「赤居文庫」に続く3店舗目。オープンに先駆けて行われた試食会から、同店の魅力をお伝えする。

 東京メトロ「日本橋駅」B3出口に直結する日本橋髙島屋S.C.新館。5〜7月にかけ、順次オープンする新規7店舗のひとつが4階の「黒澤文庫」である。コンクリートの無機質な壁面に、どこか懐かしさを感じる「Cafe 黒澤文庫」の看板やライト、待ち合い用のアンティークの椅子が並ぶ。スタッフの方に案内されて中に入ると、店内には所狭しと古道具や本が置かれている。記者が案内された席の前には、「スターバックス」「古代ローマ」「数学」「アイデア」といったテーマで選書した書籍が。

 ワゴンカートを引いたスタッフよりレモン水が提供され、綴じ込み表紙のメニューから注文を選んで待つ間に店内をゆっくり散策する。

実際に抽出も行っているコーヒーサイフォン

 中央のカウンター席の周りにはコーヒーサイフォン(実際にコーヒーも抽出)、貸本コーナー、宮沢賢治の生原稿が飾られた額と文机などを設置。

一冊につき50円の募金で借りられる貸本コーナー

 壁面にはアンティークの壁掛け時計、サントリーのPR冊子の豆本『洋酒マメ天国』が揃った棚、お土産コーナーや今月のおすすめ本、武者小路実篤の絵画などが飾られ、いくら見ていても見飽きない。

広告の後にも続きます

宮澤賢治「マリヴロンと少女」の貴重な生原稿 宮沢賢治をイメージした文机には黒電話や万年筆などが並ぶ

 焼きたての「コンプレット」が運ばれてくると、香ばしいそば粉の香りがふんわり漂う。たっぷり入った3種類のチーズに、ハムと半熟の卵がのったガレットは、ほどよいボリュームと素朴な味わいがうれしい。ハンドドリップで淹れるコーヒーは、世界最高品質のコーヒーを追求する「ミカフェート」が監修。「黒澤文庫ブレンド」は時間帯によってテイストが変わり、アフタヌーンブレンドは食後にぴったりのしっかりしたボディと果実感が味わえる。

スタッフが目の前で作った焼きたてのガレットが提供される
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル