top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

こんな時代だからこそ演劇が見たい プリエールプロデュース『マミィ!』

TOKYO HEADLINE

 

 1979年のNHK連続テレビ小説『マー姉ちゃん』で主演を務め一躍脚光を浴びるようになってからドラマ、映画、舞台、そしてバラエティー番組とさまざまなシーンで活躍してきた女優の熊谷真実。その美貌とパワフルなたたずまいは全く年齢を感じさせないものなのだが、実は昨年3月に還暦を迎えた。

 熊谷は個性豊かな家族の中で育ち、小さい頃はいじめられっ子だったという過去があるのだが、この還暦という機会に自分の人生を反映させた物語を作・演出家の田村孝裕の手で作品にしたいと思い、田村にオファー。今回の企画が立ち上がったという。

 今回、熊谷が演じるのは蒸発して15年も帰ってきていない夫を持った還暦を迎えた女。還暦の誕生日に祖母が危篤となってしまったのだが、それを聞きつけた夫が数年ぶりに帰宅。これを機に穏やかだった家族の時間がきしみ始める——という物語。

 熊谷は田村の作・演出による『世襲戦隊カゾクマン』というシリーズ三部作に出演。そちらはコメディー色の強かったのだが、今回はちょっと趣が変わった作品。

広告の後にも続きます

 放蕩する夫を演じるのが佐藤B作というのも絶妙なキャスティング。

プリエールプロデュース『マミィ!』 【日時】7月30日(金)~8月8日(日)(開演は平日19時、土日14時。※4日(水)は14時開演、5日(木)は14時の回あり。開場は開演30分前、当日券は開演45分前) 【会場】赤坂レッドシアター(赤坂) 【料金】全席指定 一般 前売5500円、当日5800円/25歳以下 前売4500円、当日4800円(入場時身分証提示) 【問い合わせ】プリエール(TEL:03-5942-9025=土日祝を除く11~18時 〔HP〕https://priere.jp/ ) 【作・演出】田村孝裕(ONEOR8) 【出演】熊谷真実、佐藤B作(東京ヴォードヴィルショー)、松金よね子、三津谷亮、宮﨑香蓮、伊藤桃花

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル