top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

事故をスポンサーが敬遠…『全員集合』が2度と生まれない理由

女性自身

事故をスポンサーが敬遠…『全員集合』が2度と生まれない理由

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、子ども時代にゲラゲラ笑ったテレビ番組の話。活躍する同世代の女性と一緒に、’80年代を振り返ってみましょうーー。

 

「’70〜’80年代の初め、多くの子どもたちは土曜8時を楽しみにしていて、『8時だョ!全員集合』(’69〜’85年・TBS系)を見なければ、週明けの学校での話題についていけないほどでした」

 

そう話すのは、世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(53)。昨年、志村けんさんの追悼番組などで、あらためてドリフのコントを見て、そんな当時を思い出した人も多かったはずだ。

広告の後にも続きます

 

「’70年代の荒井注さんを知る世代にとって、ドリフの主役は加トちゃんでしょう。一方、志村さんは’74年の荒井さん脱退を機に正式加入。『東村山音頭』(正式名称は『志村けんの全員集合 東村山音頭』)で人気になると、次々にギャグを生み出し、存在感を増していきました。子どもながらに“加トちゃんと志村の仲は大丈夫?”なんて勝手な思い込みで、心配してしまったものです。だからこそ、ヒゲダンスでコンビを組んだときは、驚きとともに喜びもあったのだと思います」

 

言葉を発さず、音楽に乗せて踊り、生放送でさまざまな大道芸を見せるヒゲダンスは、笑いあり、ハラハラドキドキもあり、全国の小学生がマネをした。

 

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル