top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

警視庁元最高幹部が警告「サイバーテロが選手村、大病院を襲う」(2)既にJOCが被害に

アサ芸Biz

 先の警察幹部が続ける。

「選手村でパニックが起こって右往左往するような事態になった場合でも、昨年の大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号のようなことは断固避けたいところだ」

 20年2月、日本のコロナ禍の端緒となった集団感染が、密室化した同客船内で発生し、死者13人、感染者712人を出す惨事を引き起こしたが、そうしたことを懸念しての発言である。

 今回の五輪で特に心配されるのは、前述した平昌冬季五輪の際にも注目されたオリンピック・デストロイヤーと呼ばれるマルウエアだという。開催国のインフラなどに攻撃を仕掛け、標的とするシステムに侵入、増幅して驚異的な破壊活動を行うものだ。ロシアのGRUが偵察活動する中には、基幹病院や選手村にかかわる領域も含まれていたとみられている。危機感は増すばかりなのだ。

 長官、総監経験者が危惧している「感染拡大」と「サイバーテロ」。その先には、大いなる悲劇もあり得る。現実のものとならないことを願うばかりである。

広告の後にも続きます

(ジャーナリスト・時任兼作)

*「週刊アサヒ芸能」7月29日号より

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル