top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

警視庁元最高幹部が警告「サイバーテロが選手村、大病院を襲う」(2)既にJOCが被害に

アサ芸Biz

 16年のリオデジャネイロ五輪では数千万回のサイバー攻撃が確認されており、12年のロンドン五輪の際にも2億回の攻撃があったとされる。

 こうした状況を前に、ようやく政府も動いた。政府関係者が続ける。

「五輪のサイバー攻撃防御の司令塔とも言える、内閣サイバーセキュリティセンターさえも攻撃されたことを見て、いよいよまずいと思ったのか、関係各部署が慌てて対応に走った。公安調査庁を管轄する法務省などは、全国の公安調査局長らを集めた会議をオンライン形式で開催し、上川陽子法務相がテロやサイバー攻撃を未然に防ぐため情報の収集や分析に取り組むよう指示したことを、公表までしている」

 だが、こんな拙速な対応が、果たして有効に機能するものであろうか。先の米村氏もテレビ局の取材の中で「危機管理において失敗はつきものだ」と公言している。

広告の後にも続きます

 しかも、内閣サイバーセキュリティセンターへの攻撃に引き続くかのように、6月にはJOC(日本オリンピック委員会)が昨年4月の時点でサイバー攻撃を受け、業務停止を余儀なくされていながら、その事実を公表していなかったことが発覚した。

 発覚後のJOCの発表によると、事務局にあるパソコンやサーバーが次々とウイルスに感染した上、サーバー内にあったデータが書き換えられるなどしてアクセスできなくなったという。

 東京五輪の運営にJOCは直接タッチしていないが、同じようなことが大会運営を担う組織委員会で発生したら、とんでもないことになりかねない。周辺の組織・部署についても同様だ。さる警察幹部が語る。

「コロナの感染拡大下でサイバーテロが引き起こされ、通信システムなどがマヒしてコロナ治療の最前線にある基幹病院の通信が途絶したり、医療機器が破壊されて使えなくなったりしたら、すさまじい被害、悲劇を生んでしまう。死者が続出するのではないか。考えるだけでも恐ろしい。また、選手村が狙われて大混乱に陥る可能性もある。それこそ緊急避難的に大人数で移動せざるを得なくなるようなことになれば、関係者を含め、予想外の慌ただしい動きが生じ、結果、コロナの感染が拡大する恐れがある。パニックが巻き起こって、競技に影響が出るのは間違いない」

 東京五輪の期間中、選手たちの生活拠点となる東京・晴海の選手村は、都有地18ヘクタールの敷地内に14〜18階建ての宿泊棟を21棟擁するほか、大食堂やトレーニングジム、宗教センターなども設置しており、最大1万8000人の選手や関係者が利用する。

 基幹病院の通信システムダウンは言うまでもないが、これほどの規模となる選手村の場合も、万が一の被害の甚大さは到底、看過できるものではない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル