top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

竹中平蔵会長 開会式不参加を非難もパソナは欠席でブーメラン

女性自身

竹中平蔵会長 開会式不参加を非難もパソナは欠席でブーメラン

《かつて「日和見主義」という言葉が使われた。自分は関わりたくない、見て見ぬ振りをするという意味。経済3団体のトップが五輪開会式に出ないのは納得できない。経済界を代表して、世界に歓迎の意を表するべきだ》
《騒がしいネット世論を気にした日和見主義ではないか! せっかくの五輪を盛り下げている》

 

こう息巻いたのは、かつて総務大臣を務めた実業家の竹中平蔵氏(70)だ。これは7月22日、経済3団体のトップが東京五輪の開会式に“不参加”を表明したことに対して竹中氏がTwitterで揶揄したもの。

 

しかし、竹中氏のツイートに対してこんな声が。

広告の後にも続きます

 

《パソナも欠席ですけど、ひょっとして自虐ネタですか?》
《何を他人事みたいな言い方しているの?》
《頭にブーメラン刺さってますよ?》
《アカウント乗っ取られたんか?》

 

こうした声が上がるのも無理はないのかもしれない。実は、竹中氏が取締役会長を務めるパソナグループの経営幹部も開会式に不参加を表明しているのだ。同グループはJOCオフィシャルサポーターとして、五輪関連の人材派遣に深く携わっている。

 

しかも、不参加が報じられたのは竹中氏のツイートの1日前のこと。他人事のように揶揄しているため、“ツイートが謎すぎる”と波紋を呼んでいる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル