top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

飛行船「ヒンデンブルク号爆発事故」の映像を高解像度カラー化、凄まじい迫力だった。

カラパイア

ヒンデンブルク号爆発事故の映像を高解像度カラー化
 ドイツの巨大硬式飛行船「ヒンデンブルク号」はこの時、フランクフルトから、北アメリカ行き大西洋横断飛行を行っていた。ところがニュージャージー州のレイクハースト海軍航空基地に着陸時に突然爆発、炎上し36名が死亡した。1937年5月6日年のことである。

 なぜヒンデンブルク号は爆発したのか?水素ガスの引火、静電気の放電など、様々な説があるが、現在もまだ正確な理由はわかっていない。

 この度、ヒンデンブルク号が爆発する瞬間をとらえた映像がAIによるデジタル技術で4K解像度・60fpsにアップルスケールしされ、カラー化された。

 そこから新たに見えてくる事実はあるのだろうか?



Hindenburg Disaster in 1937 – [60FPS – Color – 4K] – Old footage restoration with AI

20世紀の世界を揺るがせたヒンデンブルク号爆発事故

 ヒンデンブルク号爆発事故は、1912年4月14日のタイタニック号沈没事故、1986年1月28日のスペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故など共に、20世紀の世界を揺るがせた3大事故の一つとして知られている。

 ヒンデンブルク号はドイツの威信を象徴する飛行船で、今日までに作られたあらゆる飛行機械の中で最も巨大だった。
7

高解像度、カラー化で事故の凄まじさが赤裸々に

 ドイツ、フランクフルトを現地時間1937年5月3日20時20分(アメリカ東部時間5月3日14時20分)に飛び立った飛行船は、2日半かけて大西洋を横断したが、向かい風の中を飛行したため到着予定時刻より8時間遅れていた。しかも雷雨の影響により、着陸はさらに遅れることとなった。

 ヒンデンブルク号が着陸予定だったレイクハースト海軍航空基地には、飛行船から降りる乗客らの様子を収めようと、多くの取材陣が押し寄せていたが、爆発事故はその時に起きた。
8
 その時の様子は取材陣らにより撮影されたが、白黒の映像だっが。これをAIのディープラーニング技術により修復し、解像度を上げカラー化したのが今回発表された映像だ。
11
 AIによるディープラーニングや、デジタル映像技術の進歩により、かつての古い映像が現実味を帯びて現世に蘇る。

 ヒンデンブルク号墜落の謎も、近い将来正確なことがわかるかもしれない。

Rare Hindenburg Disaster Footage in Color [4k Color]

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル