top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「一匹も殺したくない」東京の獣医師と、亡くなった台湾の獣医師をつなぐ思い

女性自身

「一匹も殺したくない」東京の獣医師と、亡くなった台湾の獣医師をつなぐ思い

7月22日に公開された映画『犬部!』。大学の獣医学部に通う主人公が、動物を安楽死させる外科実習に真っ向から異を唱え、「1匹も殺さない」「生きているものは全部助ける」を目標に、仲間と「犬部」を結成するという内容だ。

 

この映画の脚本を担当した、映画監督で作家の山田あかねさんに、林遣都さん演じる『犬部!』の主人公のモデルになった獣医師、太田快作氏のことと、日本の犬猫の殺処分の現状、そして、台湾で殺処分がゼロになった理由について聞いた。

 

制作会社のプロデューサーから、『犬部!』の脚本を書きませんかというオファーがあったのは、2018年の秋のはじめ頃です。原案は刊行された時にすでに読んでいたのですが、20年くらい前の話だから、動物愛護をめぐる環境がすごく変化していることもあり、難しいだろうなという思いがまず先にありました。

広告の後にも続きます

 

私はドキュメンタリーの作り手として動物愛護ものを長く手掛けてきたのですが、この世界には細かい点を突いてくる人たちがたくさんいて、そこをリアルに作りこまないと中途半端なものになってしまいかねません。

 

動物愛護をテーマにすると色んなことが起きるよ、バッシングされる可能性もあるよ、その覚悟がありますか、ということを、プロデューサーに念押ししました。「覚悟はある。戦うつもりでやる」と言うので、「じゃあ、やってみます」という感じでスタートしました。

 

まず主人公のモデルになった太田快作さん(東京・杉並「ハナ動物病院」院長)に会いに行きました。太田さんは40歳手前の爽やかな好青年という印象でしたが、2時間ほど話を聞いていくうちに、自分が知っている獣医さんの中でも、この人は突き抜けてるなと感じました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル