top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オリンピック開幕日に緊急再上映『破壊の日』そして新作『全員切腹』-豊田利晃監督インタビュー「強欲という物の怪に取り憑かれた社会をお祓い」

cinefil

『破壊の日』は東京五輪を控え、強欲という物の怪に取り憑かれた社会をお祓いしてやろうと思い、昨年の一月に企画を立ち上げました。  
しかし、その物の怪はコロナという現実的な死の脅威、あるいはコロナに脅える人の心に変貌しました。コロナはいずれ収束に向かっていくと思います。でも、一度植えつけられた恐怖心を振り払うことはなかなか難しいことだと思います。映画がその恐怖心を少しでもふり祓うことができれば作る意味があると思っています。作らなければ僕自身が先に進めないという想いがあります。コロナと共に生きていく(あるいは死の)覚悟が試されている気がしています。  
自分の生き方を変えることは勇気がいることですが、自分自身もそのことを突きつけられています。この映画で映画を撮る意味、生きる意味を、再び証明したいと思っています。

という監督の強いメッセージの元にクラウドファンディングでお金が集められ、2020年に製作され、上映された『破壊の日』がオリンピック開幕式を迎える7月23日に緊急再上映されます。
また、続けて7月24日にこの作品の連作とも言える最新作『全員切腹』公開記念ライブ&プレミアム上映。翌25日には京都にて同じく公開記念ライブと豊田監督自身によるスペシャルなイベントが続きます。

cinefilでは、そんなオリンピック開幕日からのスペシャル上映が続く豊田利晃監督に緊急インタビューを行いました。

cinefil緊急インタビュー
豊田利晃監督

豊田利晃

広告の後にも続きます

三部作について

『狼煙が呼ぶ』2019年

「2019年。4月の18日に拳銃不法所持で逮捕された事件があって、ピストルが出てきて捕まったわけなんですが、マスコミが面白がって、いろんな報道されて。その拳銃は、おじいさんの形見で、天皇陛下の近衛兵してたので、その時に所持していた、手のひらサイズの錆びついて、動きもしないただの鉄の塊みたいなものだったんですが、その時、警察も「これは大丈夫だ、捕まらないよ。ただ、届けだけ出して欲しい。」みたいなこと言われて、警察署行ったらマスコミが待ってて、面白そうにワイドショーで特集されたりして騒がれ、すぐ10日で出てきたんですけど–。その後、事実に関しては夕刊紙一紙は、ちゃんと報道してくれたんですが、他のメディアは取り上げず、面白い報道しかしませんということで、掲載されずに終わりました。いくつかの週刊誌などではインタビュー取ろうかといってくれたんですが、そうじゃなくて、映画監督なので、映画として、作品として返したいことで、予算ゼロで作ったのが、『狼煙が呼ぶ』だったんです。」

『破壊の日』2020年

「「狼煙が呼ぶ」の時に全国50箇所ぐらいのミニシアターで同時公開みたいなことやって、いろんな映画館に足を運んだんですが、その中で、福島の「フォーラム福島」の支配人が、原発の問題を色々教えてくれて、新幹線を遅らせて、支配人にいろんな話を聞かせてもらって、この状況の中でオリンピックをやるっていうのは、「アンダーコントロール」って安倍首相の有名な言葉がありますが、それは、おかしいんじゃないかなと思い始めたんです。その福島での経験のあと、コロナで中止になったんですがロックフェスのプロデューサーをやってくれないかという話があり山形に行った時に修験道の発祥の地の一つでもある出羽三山神社に行き、そこで修験道の人たちが何をしているかとか色々と教えてもらったんです。この神社は、疫病退散のためにできた神社で、疫病退散を払うということで毎年12月31日に松例祭(しょうれいさい)というのが行われるんです。「疫病退散と福島原発」この二つを持って東京オリンピックに対抗する映画を作れないかなと思ったんです。で、その前に渋谷のユーロスペースに行って、世間話している時に7月24日(2020年)オリンピックが始める日の番組が決まらないという話があって、「その枠ください」と開けてもらって翌年、クラウドファンディングで資金を集め出した途端に、横浜に船がきてコロナが始まった。東京オリンピックも中止になり、クラウドファンディングも止まっちゃった。全然伸びない。このような状況の中で、役者も色々キャスティングも進めていたんだけど、発表することも、憚れることになった。宣言が開けた5月に詳細を発表して、6月に撮影をして、完成したのが7月22日。翌23日に渋谷のライブハウスで前夜祭をやって、7月24日に公開した。オリンピックは無くなったけど、もともとクラウドファンディングで7月24日に公開しますって宣言したんで、みんなはオリンピックが延期になったから映画も延期していいんじゃないかという話もあったんですが、いやいや、そこの約束は守る。俺たちは延期しない。なんとかやりきりましたね。当時の状況より、今の方がひどくなっている気がしますけど–感染者数も。あの頃、みんなビビっていましたけど。」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル