top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

引きこもりで反抗期の娘を無人島に送り込み更生させようとした両親

カラパイア

反抗期の娘に無人島でサバイバル教育を施そうとした両親
pixabay

 我が子に困難と逆境に立ち向かえる強さとその方法を身に着けてほしい。そう考えた両親は、引きこもりで反抗期にある13歳の娘と共に無人島に渡った。サバイバルの専門家も同行した。

 ところが娘は、両親の目を盗み、偶然近くを通りかかった漁船に助けを求めたため、この作戦は長くは続かなかったようだ。



13岁女孩太叛逆,被父母带去荒岛求生,2天后崩溃求救网友吵翻了

無人島で少女が漁師に助けを求める

 中国・山東省威海市の警察は、本土から約1キロ離れた沖合にある小さな無人島に少女がいると、地元漁師から連絡を受けた。

 警察が島へ駆け付けると、13歳の少女は両親に強制的に無人島へ連れて来られたと言う。

 島には少女の両親もいたが、少女は親が注意を払っていない隙に逃げ出し、近くを通りかかった漁師に助けを求めたようだ。たった2日目のことである。
もう耐えられない!水とビスケットしかなくて、親は火をどうやって起こすのかも知らないの。私を岸に戻して!!
 少女は、漁師にそう叫んだという。
1_e
image credit: youtube

反抗期の娘の精神を鍛えるため無人島でサバイバル生活

 警察が話を聞くと、少女の両親は次のように話した。
娘は学校を中退し、食事以外は部屋に引きこもり、ほとんど口もきかず反抗的な態度を取るようになった。

このままでは、娘の将来が心配なので、困難と逆境に立ち向かう強さを養ってもらおうと、絶体絶命の状況を体験させることを決意した
 両親は、サバイバル専門家の指導の元、親がこっそり同行する形で子供にサバイバル生活をさせることの同意を得たという。

 無人島へ連れて行き、過酷な条件で生き延びることを強制することで強い精神が培われ、娘の可能性が刺激されるのではと期待したようだ。

 警察が駆け付けた時には、両親は島を離れることを拒否し、必要な物資やサバイバルスキルを備えてあると主張。

 しかも、娘の父親は「娘はほとんど私たちと口をきかなかったのに、自力で漁師を見つけて助けを求めたことに感心した」と口にした。

 「無人島送りは効果アリ」と判断したのか、両親は「このまま娘に島で再教育プログラムを続行させたい」と警察に訴えたが、残念ながら却下され、結局一家は家に戻ったということだ。

 娘はサバイバルスキルこそ身につかなかったかもしれないが、絶対嫌なことから逃れるための知恵はしっかりあるようなので、もうすこし見守っていくしかない感じなのかな。

written by Scarlet / edited by parumo

追記:2021/07/19 本文を一部修正して再送します。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル