top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

余命わずかの広末涼子が料理を通じて家族に愛を伝える「はなちゃんのみそ汁」(2015)

エンタメウィーク(映画)

余命わずかの広末涼子が料理を通じて家族に愛を伝える「はなちゃんのみそ汁」(2015)

解説

33歳でこの世を去った安武千恵さんのがん闘病記と、娘のはなちゃん、夫の信吾さんとの日々をつづった同名エッセイを、広末涼子と滝藤賢一の主演で映画化。乳がんを宣告され、不安におびえる恋人の千恵にやさしく寄り添い、夫婦となった千恵と信吾。抗がん剤治療の影響や、がん再発リスクなどの不安を抱える中、無事に娘を出産した千恵だったが、再び病魔に襲われる。余命がわずかであることを覚悟した千恵は、自分がいなくなっても娘のはなが「独りで生きていける力」を与えようと、料理や家事の大切さを娘に教えはじめ、当時4歳のはなに、鰹節を削るところから始まるみそ汁の作り方を伝授する。千恵と信吾夫妻役に広末、滝藤が扮し、千恵の姉役で主題歌も担当する一青窈が共演する。「ペコロスの母に会いに行く」の脚本を手がけた阿久根知昭がメガホンをとり、監督デビュー。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

実在する33歳で癌によって亡くなった女性が綴った人気ブログ「早寝早起き玄米生活」を元に映画化された本作。闘病していた千恵さんは乳がんを患っている最中に娘のはなさんを出産。その後、癌が肺に転移してしまい、若くして壮絶な人生を歩まれたはずなのに映画も含め、非常に雰囲気が柔らかいです。

2014年の『24時間テレビ』のドラマスペシャルでも単発で作られていて、その時は大倉忠義と尾野真千子、はなちゃんを芦田愛菜が演じていました。映画版では広江涼子、滝藤賢一、そして公募で選出された赤松えみなという顔ぶれになっています。このえみなちゃんが、やはり今まで演技をしていたわけではない普通の女の子だからこそすごく良い。

この手の内容の映画はやはり死が描かれる分どこか暗くて重くなってしまいがちですが、本作はその辺がポップな演出で軽くなっていて、観やすさはあると思います。それがリアリティを欠くというのもわかる。ただ、そういった見せ方に賛否両論があるとしても健全な食生活の大切さは非常によく伝わる作品でした。

玄米だったり、お味噌汁だったり、病気で体を悪くしているからこそ、体に良いものを娘に食べていくことの大切さを説いていて、感動しました。


「はなちゃんのみそ汁」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル