top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

電気のない時代、旧石器時代の人類はいかにして闇を克服し洞窟壁画を作り上げたのか?

カラパイア

旧石器時代の明かりを再現。古代人は以下に闇を克服し洞窟壁画を作り上げたのか?
 スペイン、バスク地方にあるイスンツァの洞窟で、旧石器時代の明かりを再現してみるというおもしろい科学実験が行われている。

 このアイデアは、旧石器時代に洞窟に住んでいた人たちがどうやって旅をしてここに住みつき、洞窟の奥深くの暗闇で絵を描いたのか、理解し、再現したいと強く願ったことが発端だった。

 この実験結果は、スペイン、カンタブリア大学の研究者たちによって、『PLOS ONE』誌に発表されている。

人工光がない時代、旧石器時代の洞窟壁画はどのように生まれたのか?

「人間は暗闇では目が効かない。洞窟の奥深くに分け入るには、どうしても光が必要だ。彼らがこうした暗い場所にたどり着くのは、明かりのシステムの物理的な特徴に左右される」と語るのは、研究を率いた、スペイン、カンタブリア大学のアンヘレス・メディナ=アルカイデ教授である。

 旧石器時代に一般的だった3つの明かりの手段が再現された。松明、油のランプ、炉だ。

 当時利用することができたこれら明かりの、光の強さや持続時間、照らすことのできる範囲、色温度などを並べて比較してみて、洞窟環境がどのように利用されたのかを探ってみた。
1_e1
今回の研究で行われた炉の実験画像 / image credit:Medina-Alcaideetal.2021/ PLOS ONE

 南西ヨーロッパにある絵が描かれた旧石器時代の洞窟で、考古学的証拠に基づいて、この時代の明かりを再現、検証が行われた。

 まずは、キヅタ、ビャクシン、オーク、カバノキ、マツの樹脂でできた松明を使ってみた。さらに、ウシやシカの骨髄からとった動物性脂肪を使ったふたつの石のランプ、そして、オークやビャクシンの木を燃やした小さな炉を再現した。
この研究は、旧石器時代におもに使われていた明かりの光度を、考古学的、経験的なデータに基づいて、初めて定量的に特徴づけたものだ。

旧石器時代の集団の複雑で社会的、経済的な行動を拡大していくためには、人工的な明かりは重要な物理的手段だった。初期の旧人類の洞窟探索の発展にとってとくに重大なことで、洞窟アートの起源になった

旧石器時代の明かりの種類

 この実験による結果は興味深い。それぞれの明かりに、異なる独特な特徴があるということは、ひとつの明かりの手段を違った状況に応じて使い分けられた可能性を示している。

 洞窟の中や広い場所を探索するときは、すぐに明かりが消えてしまわないように、たくさんの木の枝で松明を長持ちさせ、あらゆる方向に6メートル先まで光が届くようにした。

 木の松明は光が強いが、持っている者が目をくらまされたり、火傷しないようになっていた。こうした松明は最長61分、最短21分、平均41分燃え続けたという。

 左右に振って、再び酸素を行きわたらせれば、また点火するのもたやすいが、煙がかなり発生するのが深刻な問題だった。
2_e0
洞窟での旧石器時代の松明による明かりの実験画像 / image credit:Medina-Alcaideetal.2021/ PLOS ONE

「明かりが小さくなるまで、洞窟の中を20分間歩いてみましたが、松明の明かりは、私たちが普段使っている人工的な明かりとはかなり違うことがはっきりしました」研究著者のひとり、ディエゴ・ガラーテ氏は言う。

 油のランプは、狭いスペース向きの明かりだった。この光源の特徴は、小さなロウソクの光の強さと比較すると一番わかりやすい。油のランプは、炉心1本で3メートル四方の範囲を照らすことができるが、芯を増やせばその範囲をもっと広げることができる。
3_e1
石のランプによる実験写真 / image credit:Medina-Alcaideetal.2021/ PLOS ONE

 ランプの明かりは、持ち運びをするための明かりとしては、すぐに燃え尽きてしまうため、洞窟内の迷路を移動するには不向きだった。煙があまり出ず、1時間以上はもつので、松明と一緒に使うのが最適だとわかった。

 炉だけでは30分すぎると燃え尽きてしまい、煙がたくさん発生してそばにいるのは苦しい。しかし、旧石器時代の洞窟生活者たちは、洞窟内の気流や風の通り道をよく理解していて、うまく炉を作っていた可能性が高いと、研究者は言っている。
4_e1
3つの明かりシステムの照度(ルクス)の範囲を表わした図。A. 木の松明、B.持ち運びができる油のランプ、C. 木材を燃やした炉 / image credit:Medina-Alcaideetal.2021/ PLOS ONE

洞窟生活者としての初期の人類がもっていた利点

 初期の人類には、現在の研究チームが考える以上の進化生物学的一面がほかにもあった。

 まずは、人工の明かりという概念が存在せず、彼らにとってそうしたものへ移行する必要はなかったこと。

 次に、初期の人類には、深く奥まった場所に入り込んでも、洞窟に対して安心感や親近感があったということ。彼らはこうした空間に深く分け入り、協力しあって絵を描いたのだ。
彼らは、洞窟の中での移動や生活をよく心得ていたのです。これは、ヘルメットやロープといった装備があっても、現代の私たちには難しいことですから、当時は相当に大変なことだったでしょう。

彼らは、勢いよく赤々と燃える松明を手に持って、移動しなければなりませんでした。洞窟の入り口付近なら、問題なく絵を描くことができたでしょう。

でも、彼らはこうした狭い場所で絵を描き、さらに洞窟の奥深くまで入っていくことを望んだのです。そういうこともあったでしょう(ガラーテ氏)
Top image:iStock / References:Conquering the Dark: Finding the Light Behind Paleolithic Cave Art | Ancient Origins / written by konohazuku / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル