top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「私の指定席を占領して、宴を開く男たち。なんとか退かせると座面が濡れていて…これって、まさか?」(東京都・40代男性)

Jタウンネット

「座席濡れてない?」――東京都在住のC夫さん(仮名、40代男性)から、新幹線で体験した驚愕のエピソードがJタウンネット編集部宛に届いた。

C夫さんがたしかに予約していた座席へ向かうと、そこには宴を開く男性4人組が。自分の席だと伝えても、なかなか席を立とうとしない。

駅員に注意してもらい、やっとのことで男性たちを降ろすことができたものの、周りはゴミだらけで、座席は向かい合わせになったまま。

さらに、そのうちの1席には、信じられない「置き土産」が……。

年配の駅員が広島弁で喝!

数年前の9月の連休に夫婦で行った広島に旅行の帰りのことです。

広告の後にも続きます

東京行きの新幹線、最終2~3本前の広島始発に乗車。自分の席に向かうと、4人組の男性が宴をしていました。何度切符を見ても、自分の座席で間違いない。

座っている男性に話しかけると、

「わしら最終の新幹線を予約してるんだわ」
「悪いが代わってもらえないか?」

と言われました。彼らは間違えたのではなく、自分の席ではないとわかっていて座っていたのです。

「いや代わる理由もないですし、こちらもこれに乗らないとまずいので」

そう伝えると、彼はかばんからもみじ饅頭を取り出し「タダとは言わん、これ持って行け」と、渡そうとしてきます。

何度も無理と伝えている間に、妻がホームの駅員さんを呼んでくれました。

年配の駅員さんが車内に入ってきて4人組の男性に広島弁で喝を入れて下さり、彼らと駅員さんのやり取りが続きました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル