top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

増田貴久“石川”、トラウマ必至のキス&発砲シーンに「めちゃめちゃ苦しい…」

テレビドガッチ


唐沢寿明が主演を務める『ボイスII 110緊急指令室』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第2話が、7月17日に放送。ネット上では、増田貴久(NEWS)演じる石川透がトラウマに苦しめられながらも、希望を見出す展開に感動の声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

2019年7月に放送された『ボイス 110緊急指令室』の続編。緊急指令室「ECU」を舞台に、一瞬たりとも目が離せないタイムリミットサスペンス。主人公の敏腕刑事・樋口彰吾を唐沢、緊急指令室(ECU)の室長で、どんな微かな音でも聞き分けることができるボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかりを真木よう子、樋口を兄貴と慕う後輩刑事・石川を増田が演じる。

樋口の息子・大樹(鳥越壮真)が、白塗りの男と二ノ宮純名(片山友希)​​に連れ去られてしまった。樋口、石川らは、2人を追いかける。一方、ひかりは、交際相手の重藤雄二(増田昇太)が殺されたショックを引きずりながらも「犯人に繋がる手がかりを掴めるかもしれない。聞き逃さない。犯人の音を。絶対にこの耳で捕まえる!」と涙ながらに決意。重藤が殺害された映像をもう一度見直す。

ひかりは、街を捜索する石川の無線の音から、純名の居場所を突き止める。現場に向かった石川が純名を発見。格闘の末、優勢に立つも、彼女が腹に爆弾を仕掛けていることがわかった。拳銃を向けて威嚇するも、彼女は怯まない。純名の背後には幼稚園児たちが……。純名は「寂しがり屋なの。どうせ死ぬなら友だちとね」「かつてあなたは人を殺した。撃てるの? 透ちゃん」とつぶやくと、園児たちに向かって走り出す。

ついに石川が純名を撃ってしまう。石川は止血するが、彼女は息も絶え絶えに「ようこそ。こちら側に」と無理やり石川にキスをして死亡した。その後、石川は、このやりとりを思い出し、苦しめられることに。

大樹が解放されたものの、息つく暇もなく、新たな事件が発生。樋口と石川は現場に急行する。石川の機微を感じ取った樋口は「透、乗り越えろ。事件の傷は事件を解決することでしか癒えない。苦しくても向き合うしかない。でも、本当にキツい時は頼れよ。俺を」という。石川はハンドルを握りながら笑顔で「兄貴の方こそ、頼ってくださいよ。俺を」と返した。

ネット上では、石川が絶命寸前の純名からキスをされるというトラウマ必至のシーンに反響が。「めちゃめちゃ苦しい……」「心の闇がどんどん深くなりそうで心配」との声が。

また、樋口と石川の信頼感が高まる内容だったため「辛かったら兄貴頼っていんだよ!」「完全にドラマに引き込まれました」「思わず涙こぼれた」とのコメントがあった。

次回第3話は7月24日に放送。男の子の連れ去り事件が発生する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル