top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オス・メス・両性型、第3の性別を持つ藻類が初めて発見される(日本研究)

カラパイア

第三の性別を持つ藻類が発見される
 生物とは実に多種多様である。その性別もオスとメスだけにとどまらない。両性具有雌雄モザイク、途中から性別を変える隣接的雌雄同体など様々なタイプが存在するが、今回第三の性を持つ生物も存在が明らかとなった。

 東京大学の湖沼フィールド調査と培養・交配実験で、緑藻プレオドリナの同一種がメスとオスに加えて両性型の3番目の性表現型を持つことが判明した。

 シンプルな性決定システムをもつとされてきた藻類にメス、オス、両性型の3個の性表現が同一種に存在することを確認したのはこれが初めてだという。

藻類の繁殖方法

 藻類とは、科学的に厳密な分類ではなく、光合成を行うという共通点があるだけのかなり大雑把なグループの総称だ。

 進化的にまったく異なる生物もこれにまとめられており、巨大な海藻、オオウキモ(ジャイアントケルプ)から小さな渦鞭藻類まで、多種多様な生物がこのグループに属している。

 それゆえに子供をつくる方法もさまざまなのだが、一般には配偶子の接合によらない無性生殖でクローンをつくるか、私たちと同じようにオスとメスが有性生殖を行うことで繁殖する。

 そして後者の場合、オスとメスが個別に存在する「雌雄異株」か、1つの個体がオスとメスの両方の生殖器官を持つ「雌雄同株」(両性型)のどちらかになる。
000
photo by Pixabay

第3の性別を持つ藻類の発見

 しかし今回、東京大学大学院の野崎久義氏らのグループが相模湖川水系で発見した「プレオドリナ・スターリー(Pleodorina starrii)」は、これに当てはまらなかった。メス株とオス株のほかに、雌雄同株である両性型が存在していたのだ。

 試しにオス株、メス株、両性株を交雑させてみたところ、親が両性株である場合も子供ができる割合や生存率に差はなく、それらがいずれもプレオドリナ・スターリーであることが確認されたとのこと。

 比較的シンプルな性決定システムを持つとされていた藻類や菌類で、オス・メス・両性型という3つの性別を持つ種が確認されたのは、史上初めてのことであるそうだ。
3_e
image credit:Kohei Takahashi

両性型への進化の初期段階か?

 研究グループによると、プレオドリナ・スターリーはメスとオスが分かれている種から両性型の種へと進化する初期段階にあると考えられるらしく、これを調べることで両性型決定因子の解明につながると期待できるとのことだ。

 この研究は『Evolution』(7月12日付)に掲載された。

References:東京大学 / eurekalert / written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル