top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

火星に人面が?存在するはずのないものが見える錯視「パレイドリア」現象の謎を科学で解明

カラパイア

パレイドリア現象が起こる理由を科学的に解明
 上の写真はNASAの探査機が撮影した火星の地表を撮影した画像である。中央上に人の顔のようなものがあるように見えるだろう。「火星に人面が!」と話題となったが、これはパレイドリア現象による錯覚だと推測されている。

 人間は、本来そこに存在するはずないものを、これまでよく見知った既知の認識で解釈してしまう。こうした現象を「パレイドリア」という。

 昔からよく知られている現象だが、なぜ我々はこのような錯覚をしてしまうのか?シドニー大学の新たな研究により、脳内でパレイドリアが起きる仕組みが明らかとなった。それは他人の顔を瞬間的に見分けるために必要なものであるという。

脳は本物の顔とパレイドリアの顔をどう認識するのか?

 あるはずのない顔が見える。パレイドリアが起きているとき、一体脳は何をしているのか? オーストラリア、シドニー大学の研究グループがこの不思議な認知機能を調査した。

 すると、人間の本物の顔とパレイドリアの顔は脳の同じ認知プロセスによって処理されていることが明らかになったそうだ。

 『Proceedings of the Royal Society B』(7月7日付)に掲載された研究では、パレイドリアの顔(偽物の顔)が見えたとき、脳がその顔を偽物として無視してしまうのか、それとも本物の顔として扱っているのかどうかが調べられている。

 デビッド・アレー教授らは以前、ティンダーという出会い系アプリのように画面をスワイプすると次から次へと表示される顔を見たときに、現在表示されている顔から読み取られる表情が、前に表示されていた顔のものに左右されることを発見した。

 今回の研究でも、これと似たような実験が行われている。ただ前回と違うのは、本物の顔に混じって、偽物の顔が表示されたことだ。
nature-1902404_640
photo by Pixabay

脳は偽物の顔も本物として解釈していた

 実験の結果、意外にもその結果はまったく変わらなかった。このことは偽物の顔もまた、本物の顔と同じように脳が解釈していることを示しているのだという。

 「雲の中に顔が見えるという現象が、ただの子供の空想以上のものであることを意味しています」とアレー教授は話す。

 つまり何かが顔のように見えたとき、それは無理矢理そう解釈しているわけではなく、実際に脳の顔検出プロセスが働いているのだ。そこに笑顔や怒りのような表情が見えれば、それもまた脳の顔検出プロセスの仕業だ。
1
photo by iStock

他人の顔を素早く判別するために必要な機能

 アレー教授によると、進化によってこうした仕組みができた理由は、ただの物体を顔と見間違うことがあったとしても、本物の顔を見逃すよりはマシだからと考えられるという。

 社会的な生き物である私たちは、他人の顔をいち早く識別し、その表情などから相手が味方なのか敵なのか、あるいは喜んでいるのか怒っているのかをさっと判断できなければならない。

 そのために脳は、目が2つでその下に鼻と口が1つずつといった、大雑把な顔のテンプレートを使っている。

 おかげで脳は数100ミリ秒という電光石火の速さで顔を検出できるようになったが、その代償として、テンプレートに一致したものなら何でも顔と感じてしまうようになった。

 そして脳は、その偽物の顔をそのまま本物の顔として、そこから表情を読み取ろうとする。だからただの物質でありながら、人間の顔であるかのような奇妙な錯覚を覚えることになる。

 つまり火星の人面石も、進化によってつくられた脳の仕組みの賜物ということだ。それはある意味で人工物とも言えるのではないだろうか?
mars-63034_640
photo by Pixabay

注:海外ではパレドリア現象の中に、3つの点が集まった図形が人の顔に見えるシミュラクラ現象も包括されている。本研究は主にシミュラクラを説明したものだが、シミュラクラは日本だけで通じる表記となるため、誤解を防ぐためにここではパレイドリアとして説明している。
References:A man in the moon: why our brains see human faces everywhere – The University of Sydney / written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル