top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ゾウもそれぞれ性格が違うのです! なかよしゾウカップルのほのぼの動画をご紹介

grape [グレイプ]

隅々まで「きなこもち」になりました。

これは山口県の周南市徳山動物園公式Twitterにアップされたスリランカゾウのミリンダ。砂を鼻で全身まんべんなくかけて砂まみれになった様子はまさに「きなこもち」ですね。

性格の異なる2頭のゾウ

2021年7月現在、周南市徳山動物園には2頭のスリランカゾウが暮らしています。「きなこもち」になっていたミリンダがオスの13歳。もう1頭はメスのナマリー14歳。

2頭は2013年に国交樹立60周年を記念してスリランカ政府から寄贈されました。

広告の後にも続きます

写真提供:周南市徳山動物園

スリランカには、ジャングルで親を亡くしたり、はぐれてしまった子ゾウや、ケガをして野生に戻れなくなったゾウを保護するための施設『ピンナワラ ゾウ孤児院』があります。

ミリンダとナマリーはそこで生まれたスリランカゾウなのです。

周南市徳山動物園のゾウ担当小田原多衣子さんにお話を聞きました。

小田原さんによると、同じ施設で生まれ育ったミリンダとナマリーはとても仲が良いのですが、性格は全く違うとのこと。それがよく分かるのが次の動画です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル