top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

1日6時間未満の睡眠を続けているとどうなるのか?睡眠不足の蓄積による心身への悪影響を調査

カラパイア

睡眠不足の心身への悪影響を調査
 睡眠不足が、精神および肉体に悪影響を及ぼすことはわかっているが、どの程度の睡眠でどれくらいの影響が起きるのだろうか?

 『Annals of Behavioral Medicine』(7月5日付)に掲載された新たな研究によれば、たった1晩、6時間より短い時間しか寝なかっただけでも心身に悪影響が出るのだという。

 そのまま6時間未満の睡眠を続けていると、3日目にピークを迎え繰り返される睡眠不足に慣れてくるように感じるという。だが6日目に状況は一変。心身のいたるところにガタがくるという。


たった1日の睡眠不足でも悪影響

 ちなみに平均的な大人が健康を維持するためには、一般的な人の場合は、最低6時間は眠る必要があるとされている(一部特殊なケースもあり)

 それよりも睡眠時間が短くなるとどうなるのか?

 これを調べるために、アメリカ・サウスフロリダ大学のイ・スミ博士は、被験者に1晩の睡眠が6時間未満という寝不足気味の生活を8日間続けてもらい、そのときの変化を日記に記録するという実験を行った。

 その結果、たった1日寝不足だっただけで、心身に悪影響が生じることがわかった。たとえば、怒りっぽさ、イライラ、孤独や不安といった心の不調や、あるいは呼吸器系・胃腸のトラブルや体の痛みといった体の不調が日記に記されていた。
iStock-1222946109
photo by iStock

6時間未満の睡眠は3日目にピークを迎え6日後に爆発

 報告によるならば、6時間未満の睡眠不足による心身の不調は3日目にピークに達するが、人間の体は繰り返される睡眠不足に比較的慣れてくるようだ。

 ところが6日目に突然ガクッときて、体調が最悪になるという結果に陥った。

 結局、実験期間中に寝不足による心身の疲労が回復することはなく、体調を取り戻すにはきちんと6時間以上の睡眠をとるしかなかったとのことだ。
no title
photo by iStock

睡眠不足が習慣化すると後で大きなしっぺ返しが

 一度睡眠不足が習慣化してしまうと、体はなかなか完全に回復しなくなってしまうと博士は説明する。そうなると心身の健康がどんどん蝕まれ、仕事のパフォーマンスにも影響してしまいかねないそうだ。

 一度睡眠不足が習慣化してしまうと、体はなかなか完全に回復しなくなってしまうとイ博士は説明する。そうなると心身の健康がどんどん蝕まれ、仕事のパフォーマンスにも影響してしまいかねないそうだ。

 毎日やることがたくさんあるからといって、睡眠時間を削ってはかえって逆効果になってしまう。それどころか後で大きなしっぺ返しが待っている。

 あなたが突然変異によるショートスリーパーでもないかぎり、無理せずしっかり眠っておいたほうが良さそうだ。

References:How a Series of Sleep Loss Impacts Mental and Physical Wellbeing – Neuroscience News

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル