top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ネイビーシールズからアルファ部隊まで、世界各国が誇る特殊部隊トップ10

カラパイア

世界各国が誇る精鋭たち、最強の特殊部隊トップ10
  戦争は時代とともに変化する。大軍を率いて数で勝負するような戦いはもはや過去のものだ。現代の戦いで国家が相手にするのは、目的も素性もよく分からない非国家主体のテロリストたちである場合も多い。

 こうした非対称戦に対応するために、国家は従来の大量徴兵による大規模軍事組織から、小回りがきく小規模の特殊部隊に移行しつつある。

 ここで紹介するのは、精鋭中の精鋭として世界中で困難な作戦を成功させてきた世界各国の最強特殊部隊だ。

10. アルファ部隊(ロシア)



Russian Spetsnaz FSB Alpha Group (2019) #1

 高度に訓練されたロシアの対テロ組織。11名のアスリートがテロリストに殺害された1972年のミュンヘン・オリンピック事件を受け、その2年後に組織されたKGBの部隊が起源である。

 以来さまざまな戦場に参加し、特に人質がらみの事件で、非情なまでの実行力を示してきた。ソ連軍の一部隊としても活躍し、たとえばアフガニスタン紛争初期に実行されたカブール侵攻の一翼を担った(なお、この作戦は民間人に大勢の死傷者を出し、世界中から非難された)。

 現在はロシア連邦保安庁に所属しているが、民間人にも被害を出す過激なやり方は今も変わらないようだ。

9. フロッグマン中隊(デンマーク)



Danish Special Forces || Frogman Corps // Huntsmen Corps

 イギリスのSBS(特殊舟艇部隊)をモデルに1957年に設立されたデンマーク海軍の特殊部隊。作戦指揮本部直属の水陸両用部隊で、長距離の偵察を主な任務としているが、敵陣内での破壊工作などをこなすこともある。

 精鋭中の精鋭だけあって、入隊条件は厳しい。92時間に及ぶ入隊試験に合格したあと、さらに40週にわたって特殊な訓練を受けることになる。晴れてフロッグマンと認められるのは、志願者5、600名のうち12名以下であるという。

 その作戦内容はほとんど公にされていないが、最近でもソマリアでの対海賊作戦、あるいはアフガニスタンやイラクでの戦争で重要な役割を果たしたことが知られている。

8. JTF-2(カナダ)



JTF2 | Canadian Special Operations

 カナダ統合軍全部隊からの志願兵によって構成されるのが、世界有数の実力を誇る特殊部隊、統合タスクフォース2(JTF-2)だ。アフガニスタン、ハイチ、イラクなど、世界各地の紛争で経験を積んできた対テロ部隊である。

 強さの秘訣は、さまざまな地形や状況を想定した多様な訓練だが、もう1つ組織構成の妙もある。実戦を担う攻撃部隊と、支援に特化した部隊の2部隊で構成されているのだ。作戦の多くは機密事項だが、アルカイダ、タリバン、イスラム国といったテロリストとの戦いに関与していたとみられている。

7. JW GROM(ポーランド)



JW GROM || Pride of Poland

 共産党の伝統から脱却するため、西側の特殊部隊をモデルにして1990年に設立されたポーランドの特殊部隊。実際、最初に訓練を担当したのは、米デルタフォースと英SASから派遣された専門家だった。

 従来のような軍と連携した攻撃作戦だけでなく、対テロ戦や大使館などの警備といったさまざまな状況を想定して訓練されている。2003年のイラク侵攻作戦に参加しており、噂によると、現在も対タリバン部隊としてアフガニスタンに駐屯しているようだ。

6. EKOコブラ(オーストリア)



Eko Cobra (2017) | Austrian Special Police Forces

 ロシアの アルファ部隊と同じく、EKOコブラもミュンヘン・オリンピック事件を受けて1978年に設立された対テロ特殊部隊だ。ほかの部隊と違って軍属ではなく、オーストラリア警察の特殊部隊として内務省の指揮下にある。

 その実績の中で特筆すべきは、1996年に起きたハイジャック事件でのものだ。ナイジェリア人の武装グループがアエロフロート・ロシア航空の旅客機ハイジャックを試みたが、犯人護送のために同機に乗っていたEKOコブラ隊員4名が、速やかにこれを制圧。飛行中でありながらハイジャック事件を解決してしまった特殊部隊は、EKOコブラだけだ。

5. 雪豹突撃部隊(中国)



中国武警雪豹突击队曝光训练现场

 機密性が高く、詳しいことは不明だが、断片的な情報から世界有数の実力を有しているだろうと推測されている。2008年の北京オリンピックで北京市内の警備にあたっていた部隊としても知られる。

 オリンピック閉会後も中国警察の特殊部隊として存在し、現在は主に政府高官警護の任についている。その実行能力の全貌は明らかではないが、中国西部で起きた暴動の鎮圧に派遣されていたようだ。

4. GSG-9(ドイツ)



GSG 9 | German Special forces / Grenzschutzgruppe 9

 GSF-9もミュンヘン・オリンピック後に組織された連邦警察の精鋭部隊だ。陸海空のいずれかに特化した30人編成の3部隊構成で発足し、現在もこの体制が維持されている。

 最初に歴史の表舞台に登場したのは、1977年に起きたルフトハンザ航空機ハイジャック事件でのこと。

 ドイツ赤軍のメンバーなど、服役囚13名の釈放を要求する犯人グループは、パイロット1名を殺害し、副パイロットにソマリアへ向かうよう脅迫。

 GSG-9が直ちに出動し、ソマリア軍と協力しながら、数時間のうちにこれを鎮圧。人質全員を無事救出した。

3. GIGN(フランス)



GIGN – French Gendarmerie Elite Unit

 国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)もまたミュンヘン・オリンピック事件がきっかけで組織されたが特殊部隊だが、実際の任務は当時想定された人質救出作戦などよりもずっと幅広い。

 主な任務は、対テロ戦、安全保障上の脅威の監視、偵察、人質救出、対組織犯罪など。1974年の発足以来、フランス国内外の人質救出作戦や対テロ作戦を成功させてきた。ほかの部隊と同様、機密性が高く詳細は不明だが、世界有数の特殊部隊として、他国の特殊部隊訓練にも招かれているようだ。

2. ネイビーシールズ(アメリカ)



Navy SEALs

 圧倒的な資金力ゆえにアメリカにはさまざまな特殊部隊が存在するが、中でも最強とされるのがこのNavy SEALsだ。隊員は米軍でも精鋭揃いの部隊からのみ募集される。

 史上もっとも成功したと評価される作戦を遂行してきたSEALsの強さの秘密は、あらゆる地形に対応するための過酷な訓練にある。

 小部隊で展開し、敵勢力圏内での情報収集、破壊工作、暗殺といった任務にあたる。世界中で数多くの戦果をあげてきたが、その白眉は2011年のウサマ・ビン・ラディン暗殺作戦だろう。

1. SAS(イギリス)



Inside the SAS | Creating the Elite Soldier

 SASはイギリスの特殊空挺部隊のこと。その起源は第二次世界大戦にまでさかのぼり、補給が受けられない敵勢力圏内で作戦を実行する部隊として、まず北アフリカの戦場に投入された。

 世界初の特殊部隊としても知られており、現在世界各国が保有する特殊部隊は多かれ少なかれ、このSASをモデルとしている。

 歴史が長いだけに経験も豊富。ボルネオの密林、アフガニスタンの砂漠、フォークランド諸島の砂浜、ベトナムの湿地帯、ヨーロッパアルプスの山岳地帯など、さまざまな地形で作戦行動を行なってきた。だが特に長く、過酷だったのは北アイルランド地域紛争での戦いである。

References:The World’s Most Elite Special Forces – Toptenz.net / written by hiroching / edited by parumo


追記:(2021/07/14)本文を一部訂正して再送します。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル