top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

いったいなぜ!?家の下から大量のボウリングのボールが発見される

カラパイア

家の下に大量のボウリングボールが発見されるという珍事
image credit: David Olson/youtube

 家屋の下や古い中古物件には思いもよらぬものが隠されている場合もあるが、これってかなりレアケースなんじゃない?アメリカ・ミシガン州に住む男性が、家の庭でリフォーム作業を行っていたところ、奇妙な発見をした。

 掘り返した地面の下に、ボウリングのボールが埋められていたのだ。しかも、次から次へと発見されたボールの数は、これまでで既に160個にものぼるという。

 不審に思った男性がは、地域に工場があったボウリングメーカーに問い合わせてみた。するとその理由が明らかになった。



STRIKE! Man finds over a hundred bowling balls in his back yard.

家の裏庭から160個ボウリングのボール発見

 ミシガン州マスキーゴンに住むデイヴィッド・オルソンさん(33歳)は、7月1日の朝、裏庭のパテオに面した数段のコンクリート階段下をリフォームのために取り壊していた時、ボウリングのボールが埋まっているのを発見した。
8_e
image credit:The bowling ball guy/Facebook


6_e0
image credit:The bowling ball guy/Facebook

最初に1個出てきて、その後もまた1個見つかったんです。でも、単に数個埋められているだけなのかと思っていました。

でも、土を掘れば掘るほど、50個ほど出てきました。それが120個に増え、最終的に158個ものボールが出てきたのです。数日後には、更に2メートルほど掘ると2個出てきて、今のところ全部で160個になりました。

もっと埋まっていると思います。ボールはあまりいい状態ではなく、指穴のないボールで、2本のらせん状の溝が刻まれていました。

10_e
image credit:The bowling ball guy/Facebook


4_e0
image credit:The bowling ball guy/Facebook

ボウリングのボールは砂や砂利の代替品として使用されていた

 こんなに大量のボウリングのボールがなぜ自宅敷地内に埋められていたのか?謎は深まるばかりである。

 オルソンさんは、まず3人の幼い我が子の健康を考慮した。これらのボールに毒性はないのか?安全なのか?
1_e1
image credit:The bowling ball guy/Facebook

 そこで、オルソンさんはFacebookを介して、地域に2006年まで工場があったボウリングメーカー『Brunswick Bowling Products』に連絡を取った。

 すると、元従業員と名乗る人物から返事があり、彼がオルソンさんがシェアしたボールの型番から、それらが1950年代に製造されたものであること、当時の労働者たちは砂利や砂の代替品として、価格の安い廃棄されたボウリングのボールを工事に使用していたことを明かした。
7_e
image credit:The bowling ball guy/Facebook

 また、毒性がなく安全で、ボールは廃棄可能であることもわかった。

 庭に埋められていた大量のボールの謎が解き明かされたことで、オルソンさんはスッキリしたようだ。
正直、リフォームで大量の砂を移動させるより、ボウリングのボールを転がした方が楽で、ちょっと楽しかったですね。

既に、いくつかのボールはマスキーゴン・ヘリテージミュージアムへ寄贈することにしました。それから8個を近所の教会に寄付して、数個を継父にあげることにしています。継父は、このボールでカスタマイズした家具の脚を作ると言っています。

残りは、家の造園や彫刻の作成に使うことを考えています。

3_e0
image credit:The bowling ball guy/Facebook

 現在、Facebookで『The bowling ball guy』という新たなグループアカウントを立ち上げたオルソンさんは、そこで多くのボールの使い道をシェアしていく予定のようだ。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル