top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【都市伝説】魂の行き着く先はどこ!?我々が知らなかった前世の常識が興味深い!

エンタメウィーク(動画)

【都市伝説】魂の行き着く先はどこ!?我々が知らなかった前世の常識が興味深い!

お笑い芸人、島田秀平のYouTubeチャンネル「島田秀平のお怪談巡り」にオカルト雑誌「ムー」の編集部員、望月哲史が出演。生まれ変わり、前世について占い師の赤魔導士Bijouから聞いた面白い話を披露しました。

Bijouは占い師を本業としていますが、オーラが見えたり、前世を見る力も持っているそうです。あるときBijouは魂について「前世って言うけど魂って時間関係ないんだよね。前世っていうと江戸時代とか中世の人とかの話をするけど、未来から来る場合とか異次元から来る場合もあるからさ。霊が今の2021年に対する時間軸の過去の流れにあるって思っちゃダメなんだよね」と望月に語ったといいます。
今を生きている人の前世が必ずしも過去に亡くなっているとは限らない。未来で亡くなった人の場合もあるし、次元の違う世界で生きていた人の可能性もあると説明しました。

この話に望月はものすごく納得がいったといいます。なぜなら、地球の総人口は年々増えて、今や78億人超え。前世が過去だけとするならば、総人口が10億人以下の時代もあったので、生まれ変わる魂の絶対数が足りていないと望月は考えていたからです。しかし、Bijouの考え方であれば、その問題は解決できます。未来からだけでなく異次元というのは、なかなかぶっ飛んだ考え方ですが、魂というものには時間や場所、次元も関係ないとするなら腑に落ちる考え方なのかもしれません。
たまには自分の前世はなんだろうと思いを馳せるのも面白いかもしれないですね。



【月刊ムー】ユリ・ゲラーに直接取材 望月哲史『島田秀平のお怪談巡り』(YouTube)

島田秀平の関連作品




TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル