top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

労働時間を週35時間に減らす4年間の大規模実験で、素晴らしい結果が報告される(アイスランド)

カラパイア

労働時間を短縮する大規模実験で、生産性と幸福度が上がる素晴らしい結果が報告される(アイルランド)
 2015年から2019年の4年間、およそ2500人のアイスランド人が、週の労働時間を減らしたら、生産性にどのような影響が出るか、という大規模な実験に参加した。その結果が出たが、実験は大成功だったといえるようだ。

 結果は、週40時間労働を35~36時間に減らしても、生産性のやサービスの低下にはつながらなかったということ。それだけでなく、労働者の幸福度も自覚できるストレスや燃え尽き症候群を含めたさまざまな指標において、実質的に大幅に改善が見られたことだ。

様々な職種で労働時間を短縮する大規模実験

 週35時間労働ということは週休2日の場合、1日の労働時間は7時間程度。毎日働くなら1日5時間程度となる。

 この実験が行われて以降、アイスランドの全業種のおよそ86%が、労働時間の短縮に移行した。実験を行った研究者たちは、これはほかの国にも応用できるのではないかと期待を寄せている。

 報告されたレポートには以下のように記されている。
実験を通して、多くの労働者たちが、労働時間が少ないほうが、気分が良く、活力がわいて、ストレスがなくなると言っています。

その結果、運動や趣味、友人とのつきあいなど、仕事以外の活動に時間を割くことができるようになったとのこと。結果的に、仕事自体にもプラスの影響が出ています
 4年間の実験期間中、病院からオフィスまで幅広い職場が対象になり、アイスランドの全労働人口の1%以上が参加した。

 なお、ここがポイントとなるかもしれないが、労働時間が減っても、労働者たちの給料は変わらない。
meeting-4784909_640_e
photo by Pixabay

生産性は下がることなく幸福度が向上

 アイスランドの「Association for Sustainability and Democracy (Alda)」 と英国のシンクタンク「Autonomy」が発表した実験結果によると、実際に労働時間を数時間短縮しても、ほとんどの労働者の残業時間は目立って増加していないことがわかった。

 会議の時間を短縮したり、シフトを変えたり、ムダな作業を削減することで、新しい勤務体制を維持することができていた。

 労働時間を短くするためには、自分の仕事をどう進めるか、必然的に工夫せざるをえない。そのため、最初は慣れるのに苦労したという参加者もいたが、ほとんどはすぐに新しい働き方に慣れた。

 実験参加者のひとりはこう語る。
これまでと同じいつものやり方で仕事を進めるのではなく、そのやり方を見直して、前とはまったく違ったやり方をするようになりました。まわりの人々もそれに協力してくれるようになったのです
 幸福度の面でも、職場でのストレスが減り、全体的に労働生活のバランスがよくなったと報告されている。

 被験者たちへのその後のインタビューでも、家事などの用事や、自分のための時間が増え、運動もできるようになったとメリット面が多い。
relaxing-1979674_640
photo by Pixabay

アイスランドの実験は成功と評価

 アイスランドでのこの実験は大成功だと発表され、管理職も部下も仕事量や質を損なうことなく、仕事に費やす時間を減らせることがわかった。

 これはスウェーデンニュージーランドなど、他国の実験結果で見られたのと同じだった。

 はっきりしたことは、被験者のほとんどが、新しい働き方をこのまま続けるのにかなり乗り気なことだろう。

 新しい働き方は、コロナパンデミックの影響がまだまだ続いている現在、適応していくために、世界中の職場がよく考えなくてはならないことなのではないだろうか。

 報告書はこう結んでいる。
コロナパンデミック以前の労働状況に戻りたいと思う人はほとんどいないことがますますはっきりしてきた。週の労働時間を減らしたいという希望は、”新常識”の定義になることだろう
 報告書の全文は『Going Public: Iceland’s Journey to a Shorter Working Week』で読むことができる。

 やはり労働時間が減っても給料が減らないというところも成功の要因の1つだろう。企業にとっても労働者にとってもハッピーな結果になるための働き方改革は世界中で模索されているようだ。

References:Iceland Ran a 4-Year Experiment on Shorter Working Weeks. The Results Are Great / written by konohazuku / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル