top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中島健人“宗介”、佐久間由衣“梨沙”とのフリスビーは「中島健人そのもの」

テレビドガッチ


Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第2話が、7月13日に放送。ネット上では、2人の男がキュンとするシーンを連発し、大きな反響があった(以下、ネタバレ含まれます)。

さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という、真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。

宗介への反抗心もあって「なんでもやります!」と仕事にまい進する愛。書類をシュレッダーにかけていると、樋口拓也(赤楚衛二)がやってきた。「これも頼むわ」と手に持っているのは、おにぎり。「おにぎりもシュレッダーにかけるんですか?」と驚くと、樋口は「んなわけないでしょ。開けて。俺下手なんだよね。いっつも海苔が破ける」という。“なんでもやる”と言ってしまった以上、彼女が命令に従うと「さすがだね。それやるわ。ジャクソン(彼だけの愛のあだ名)、メシくってないだろ?」と声をかけてくれた。

愛は宗介に対して不満が募るばかり。居酒屋で、彼への愚痴を樋口にぶつけた。そんな樋口は、料理をとりわけながら耳を傾ける。また、彼女のある行動を見て「ジャクソンはやっぱりいいな」と笑顔でつぶやいた。

父親とのいざこざで落ち込んでいた桐山梨沙(佐久間由衣)のもとに、宗介から連絡が。元気がないことを察した彼が会いにやってきてくれた。食事をしたあと、落ちていたフリスビーを一緒にやることに。「ごめんなさい」「ちょっとスピンかかっていたよ」など、2人で楽しむ。すると、宗介が梨沙の短いスカートを見て「その格好じゃ、ちょっと不利だよね」とポツリ。後ろから、自分のジャケットを彼女の足に巻き「これでよし。もう手加減はしないからね」と声をかけた。

ネット上では、宗介と梨沙のフリスビーシーンに「こんなキュンとする遊びだったの?」「宗介じゃなく中島健人そのもので胸キュンでした」「フリスビー宗介は鬼可愛い」とのコメントが。

溢れ出る樋口の優しさについては「樋口くんがおにぎり渡すシーン、めっちゃキュンとした」「居酒屋のシーンはずっとキュンキュンでした」との声があがっていた。

次回は7月20日に放送。梨沙は、宗介の存在が日に日に大きくなっていることに気づく。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル