top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

親子でパン作り!非常時でもミニマムな材料と道具で作れる「防災パン」

防災ニッポン

・ラップ(生地の乾燥を防ぐため、器にかぶせて使用。ポリ袋でも可。器を覆うことができれば、お鍋のふたなどでも代用可)
・包丁(生地を分割するために使用。なければ分割せずに1つの大きいパンとして焼けばOK)

防災パンのレシピ

では、実際に防災パンを作りながら、材料と作り方を解説しましょう。

材料

こちらの材料は、テーブルロール程度の大きさのパン4つ分です。
※大きめのお皿は、ポリ袋でも代用できます。

A【大きめの器】
・強力粉…1カップ
・塩…小さじ1/2
・砂糖…小さじ3弱 ※砂糖はなくてもOK

B【小さめの器】
・水分…1/3カップ(牛乳もしくは水)
・インスタントドライイースト…小さじ1弱

作り方

広告の後にも続きます

(1)A【大きめの器】に材料を計りながら入れて、材料が均一になるまで軽く混ぜます。

(2)B【小さめの器】に水分(牛乳もしくは水)を入れて、その上にインスタントドライイーストを振り入れ、インスタントドライイーストが溶けるまで少し待ちます。

(3)AにBの7割程度の量を加え、こねます。生地の状態を見ながら少しずつBを足し、耳たぶくらいの硬さになるまでこねます。

(4)生地がまとまったら、常温で15分ほど生地を休ませます。この際、ラップやポリ袋などをかぶせて乾燥を防いでください。

(5)15分たったら、生地を丸めなおしてツルンとさせます。

(6)乾燥を防ぎながら常温で1時間程度置いて生地を発酵させます。生地が2倍程度に膨らめば発酵完了です。時間は目安なので、大きさで判断してください。

(7)包丁などで好きな数に分割します。丸めてもいいですし、切りっぱなしでもOKです。
分割せずに、生地の全量を1つの大きいパンとして焼くことも可能です。

(8)フライパンに並べ、ふたをして弱火で片面7分ずつ焼き、中まで火を通します。

火が通ったら完成です!焼き上がった防災パンは、常温で2日程度保存できますよ。

いつもパンを作るときは0.1g単位で計量して、色々な道具を使って作っていましたが、こんなに簡単な計量と少ない道具でパンが焼けるなんてびっくり!

防災パンの気になる味は?

完成した防災パンを食べてみます。

フワフワというより、モチモチとしっかり食感のあるパンです。
焼いてから時間がたつと少しずつ硬くなっていきますが、焼きたては柔らかくおいしいです。

パンが好きな子どもは多いですよね。非常時でも温かくておいしいパンを食べることができたら、子どもたちの不安も和らぎそうです。

おうち時間に、親子でチャレンジ!

一般的なパンよりずっと簡単に作ることができるので、パン作りをしたことがなくても気負わないで作れそう。こねる工程は粘土遊びのようで子どもも大好きな作業ですし、発酵して生地が膨らむのは見ていて楽しいですよね。
ぜひ子どもたちとのおうち時間に親子でチャレンジしてみてください。防災パンが防災について親子で話をするきっかけになるといいですね。

詳しい作り方は、吉永麻衣子さんのウェブサイトでも紹介されています。作り方の動画もありますので、ぜひ見てみてください。

ヨシナガマイコのおうちパンのある生活「【レシピ】“防災の日” 困ったときのパン(レシピ動画付き)」https://yoshinagamaiko.com/bousai-pan/

<執筆者プロフィル>
シマサキアヤ
フリーランスライター

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル