top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ダイエット企業モデルの韓流スター、体重管理失敗で650万円の賠償

韓流大好き

8月28日ソウル中央地裁によると、韓国のダイエットコンサルタント会社「JUVIS」が、キム・テウの所属事務所を相手に損害賠償訴訟を起こし、6,500万ウォン(約650万円)の賠償を求めた。

JUVISは、韓国で業界1位のダイエット・肥満クリニック。これまで様々な韓流スターを広告モデルとして起用し、話題を集めてきた。

同社は2015年9月、キム・テウと1年間の体重管理プログラムの宣伝モデル契約を結び、出演料1億3,000万ウォンを支給。

契約当時113kgだったキム・テウは、プログラムに参加した翌年の4月に目標の85kgまで減量することに成功し、同社はそのビフォーアフターを公開した。

しかしキム・テウは目標の体重に到達後、プログラムを真面目に行わず、4か月後に95.4kgまでリバウンドしてしまった。

JUVISは「太ったキム・テウをテレビで見た顧客が返金を要求するケースが発生した。キム・テウが契約を守らなかった」と訴訟を提起した理由を明かした。

裁判所は「キム・テウが減量に成功しJUVISが得た広告利益もあるため、モデル料の5割を支給するのが妥当」としている。

(c)STARNEWS

TOPICS

ランキング

ジャンル