top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三四郎、四千頭身、ハナコ…関東の芸人躍進の陰にひとりの “ゴッドマザー” がいた!

SmartFLASH

「第7世代はみんな、私の劇場から巣立っていった」と熱く語る

 

 いまや売れっ子の芸人たちも、芸歴の最初は小さな舞台。事務所ライブやインディーズライブですべり、切磋琢磨して這い上がってくる。劇場でもがく芸人たちを、20年以上見つめ続けてきたのがK-PRO代表の児島気奈さん(39)。“関東お笑い界のゴッドマザー” とも呼ばれる彼女の「お笑い愛」は筋金入りだ。

 

 高校時代に雑誌の文通企画で知り合った友人から「中野のお笑いライブのお手伝い」に誘われ、東京のインディーズお笑いにどっぷりハマる。

広告の後にも続きます

 

 

「1999年ごろですね。みんな貧乏なのに楽しそうにお笑いをやっていて、カッコよかった。高校に通いながらライブの手伝いをして、大学に入ってからもライブの裏方ばかり」

 

 大学は2年で中退。芸人の気持ちが知りたくて、舞台にも上がったという。2004年からは、K-PRO名義で主催ライブをおこなうようになる。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル