top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ハリガネサービス』の魅力をネタバレ紹介!ポンコツだけどサーブの天才!?

ホンシェルジュ

漫画『ハリガネサービス』をネタバレ紹介!
『ハリガネサービス』は、高校男子バレーボール部を舞台にした作品。中学では補欠だった主人公・下平鉋が高校バレー部ではレギュラー入りを目指し入部するも、同期は過去に選抜選手だった強者揃い。しかし主人公は、誰にも負けない1つの武器で周りを圧倒していきます。下平が足掻く姿や、インターハイの出場をチーム一丸となって目指す姿……バレーにかけた青春が、熱く描かれています。本作品は完結済みで、『ハリガネサービスace』にて続きが楽しめます。

この記事では『ハリガネサービス』のあらすじや魅力を紹介します!

本作はスマホのアプリをダウンロードするだけで読むことができますので、気になった方はぜひアプリをダウンロードしてみてください。

漫画『ハリガネサービス』のあらすじをネタバレ紹介!仲間とともに全国を目指す!

出典:『ハリガネサービス』1巻

『ハリガネサービス』は、高校バレーボール部を描いた作品です。

『週刊少年チャンピオン』で掲載され、24巻で完結しています。現在は続編の『ハリガネサービスACE』が同誌で連載中です。

主人公・下平鉋(しもだいら かんな)は、中学時代ではバレーボール部の補欠でした。しかし都立豊瀬高校に入学し、レギュラー入りを意気込みます。
 

舞台となる東京都立豊瀬高校は、無名だった時代から名将・山縣監督の赴任後、着々と実力をつけていっている高校です。そのため、バレー部の入部希望者は彼を入れて4人。しかし、入部した同級生の3人は中学時代に東京選抜に選ばれた強者ばかり。

そんな彼ら4人の最初の目標は、東京都の王者・駿天堂学院高校に勝つこと。

広告の後にも続きます

駿天堂学院高校は、なんと18年連続でインターハイに出場する強豪校です。この高校以外にも着々と実力をつけるライバル校の存在もあり、厳しい道のりです。

実力のある同級生やチームメイトの中で、中学時代に補欠だった下平は、果たしてレギュラーに選ばれることができるのか?そして豊瀬高校は数多のライバル校に勝ち、全国大会への切符を手に入れることができるのか。

一つずつ苦難を乗り越えていく高校生たちの姿に、読み始めたら目が離せなくなる作品です。

仲間とともに成長する姿を見るのが好きな方にはとくにおすすめです!

『ハリガネサービス』の魅力1:本当は凡人?主人公のサーブは努力のたまものだった!

下平は中学時代もバレー部に所属していました。しかし当時のポジションは「ピンチサーバー」。

「ピンチサーバー」はプロの世界では、試合の流れを変えるサーブを打つスペシャリストです。しかし中高生の部活では、レギュラーではない部員を試合に参加させるためのポジション……。

  • 1
  • 2

TOPICS