top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

真矢ミキ 87歳母と始めた同居、ビビッド帰宅後は介護に奔走

女性自身

《今日、母が私を忘れていた。今年で米寿を迎える母 母の夫、私にとっての父が他界してから約14年が経つ あの父が亡くなった夜から、母は少しづつ悲しみを忘れたいのか、現実逃避していった気がする 私は敢えて認知症なんて言葉は使いたくない 悲しみを忘れたかった母の気持ちがわかる気がするから》

 

8月20日、真矢ミキ(54)がブログで、同居する実母・雪子さん(87)への率直な心情を綴った。

 

「08年に西島数博さん(46)と結婚後はお母さんが心配で、週に4回は“スープの冷めない距離”の実家に通っていました。結婚6年目に西島さんの方からお母さんに『一緒に住もう』と誘ってくれたときは“感謝で胸がいっぱいになった”と話していました。真矢さんは今、『白熱ライブ ビビッド』に出演のため、平日は朝4時半には起床。帰宅後はお母さんの介助をしながら、夕食をつくり、翌日の放送の調べ物を一通り済ませて夜11時に就寝する生活を続けています」(友人)

広告の後にも続きます

 

そんな彼女が明かした悲痛――。

 

《だけど今夜は一人ただ、どこまでも歩きたかった 泣きたいという衝動的な娘としての感情と それで良いんだといいきかせる、大人になっている自分がいることに気づいた夜だった》

 

もともと宝塚に興味がなかった真矢をこの道に導いたのが、女子高の演劇部出身で宝塚ファンだった母・雪子さん。「真矢みき」という芸名を考え出したのも、彼女だった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル