top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

白鸚が78歳で初役に挑み、猿之助は六変化、海老蔵が2年ぶりに歌舞伎座登場!~『七月大歌舞伎』観劇レポート

SPICE

『七月大歌舞伎』



歌舞伎座で、2021年7月4日(日)に『七月大歌舞伎』が、初日を迎えた。歌舞伎座は、1日三部制で、各部が終わるごとに、出演者と観客を総入れ替えし、場内の消毒を行っている。客席数は全体の50%に制限しているが、いずれの部も、それを感じさせない盛り上がりを見せた。全三部をレポートする。

■第一部 11時開演

一、『あんまと泥棒』

第一部は、市川中車にとって4度目の『あんまと泥棒』で幕を開ける。

広告の後にも続きます

【あらすじ】
細い月が浮かぶ夜、盲目の秀の市(中車)が、あんまの仕事を終えて、屋敷から出てくる。皆に愛想よく接するが、外に出て独りになるなり、不平不満が止まらない。お金をためることが生きがいのようだ。そんな秀の市がひとり暮らしする長屋に、泥棒の権太郎(尾上松緑)が忍びこんできて……。

中車は、口が達者で抜け目のない秀の市を演じる。松緑の権太郎は、泥棒仲間の中では“ちっとは知られた男”と自称するだけあり、肝がすわった泥棒だ。しかし会話の中から、真っ直ぐでお人好しな人柄も見えてくる。酒を口にしたことをきっかけに、秀の市は、泥棒稼業に意見し始める。その合間に権太郎の「金を出せ」と、秀の市の「金はない」の問答が続く。権太郎が声を荒げるほどに、秀の市の必死さは増す。客席は次第に、権太郎が苛立っても笑いが起き、秀の市が大げさに身の上語り始めても笑いが起きていた。お芝居の後半では、長屋に秀の市の高笑いが響き渡る。声も顔も笑っているのに、その姿は寂しく見えた。めいっぱい笑った後、余韻が残る一幕だった。

二、『蜘蛛の絲宿直噺』

つづく演目は、市川猿之助が六変化を早替りで勤める『蜘蛛の絲宿直噺(くものいとおよづめばなし)』。昨年11月の公演の好評に応え、パワーアップ版で再演される。

【あらすじ】
舞台は、平安時代の武将、源頼光(中村梅玉)の館。物の怪に憑かれた頼光は、病の床に伏している。家臣の坂田金時(坂東亀蔵)と碓井貞光(中村福之助)が警護にあたっていると、女童(猿之助)や小姓(猿之助)、文遣いの番頭新造(猿之助)と、招かれざる客が次々と現われて……。


幕が開くと、金時の女房(市川笑三郎)と貞光の女房(市川笑也)が、雅やかな空気と、可愛げのあるヤキモチで、観客の心をつかむ。2人は、劇中で、太鼓持(猿之助)との踊りも披露し、物の怪退治の一幕に華を添えていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル