top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

前代未聞の“ユニフォーム改革”が大成功!地方クラブが取り組んだ新しい稼ぎ方に密着

テレビドガッチ


鹿児島ユナイテッドFCの代表を務める徳重剛が、7月10日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。これまでの常識を覆すJリーグクラブの“新しい稼ぎ方”を紹介する。

新型コロナウイルスの影響を受けて、Jリーグ全体で約5億円もの減収となった昨シーズン。そんな中、徳重はクラブの収入源を見直し、常識外のアイデアで起死回生を狙う。番組では、鹿児島ユナイテッドFCが行った前代未聞のプロジェクト“ユニフォーム改革”の全容に迫る。

通常、クラブはスポーツメーカーであるサプライヤーと契約した上で、ユニフォームや用具などの提供を受けるのが一般的だが、鹿児島ユナイテッドFCは今シーズンからサプライヤーとの契約をせずに、独自でユニフォームを制作。徳重は、大幅なコスト削減による低価格化など、ユニフォームを自社制作することのメリットを説明する。

この画期的な取り組みは成功を収め、鹿児島ユナイテッドFCのユニフォームは史上最高の売上枚数を記録。スタジオでは、番組アナリストの都並敏史が実際のユニフォームの値段に「すごいお得!」と驚き、番組MCの勝村政信も「これは本当に画期的なこと」と感心。

また、今回は鹿児島ユナイテッドFCの他に、ツエーゲン金沢やカターレ富山、鹿島アントラーズなどが行っているアパレル事業も紹介。コロナ禍で、各クラブが模索する新たな稼ぎ方を追う。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル