top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

菊池風磨“飯塚”、茶番スローモーションからのハグに「シュールすぎる」

テレビドガッチ


渡辺大知(黒猫チェルシー)、菊池風磨(Sexy Zone)、アイクぬわら(超新塾)がトリプル主演を務めるプラチナイト モクドラF『イタイケに恋して』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~※一部地域を除く)の第2話が、7月8日に放送。SNS上では、ドラマではありえない? セルフ◯◯に反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、不器用でモテない男子3人が恋愛インフルエンサーの助手となり恋のキューピッドとして大奮闘していくストーリー。3人は教会を改修したシェアハウスでともに生活をして、日々間違いだらけの恋愛妄想トークをさく裂させながら“様々な恋の形”と向き合っていく。

研究所に石渡麒一(オラキオ)が現れる。彼は、交通事故に遭ってしまい、記憶をなくしてしまったという。意識を取り戻し、目を覚ますと見知らぬ女性・芦沢日菜美(山崎紘菜)の姿が。まったく身に覚えがないが、どうやら恋人だったらしい。スマホにも写真が残っていたし、友人に確認したところ、本当に交際していたことがわかった。

しかし、いきなり恋人だと言われても困惑するばかり。依頼は「もう一度、彼女に恋をするにはどうしたらいいでしょうか?」というものだった。

2人はバーベキューをきっかけに付き合うようになった。そこで、影山信博(渡辺)、飯塚将希(菊池)、マリック・ジョンソンJr.(アイク)の3人、そして日菜美役を弘田佐知(石井杏奈)が担い、当時を再現。なぜ、2人が交際することになったのか、石渡は、少しずつ記憶を取り戻していく。

そんな中、新たな依頼人・権田瑠華(瀬戸さおり)がやってくる。交際していた男性と連絡が取れなくなったというが、その彼こそが石渡だった。石渡は騙されている? 日菜美と恋仲になる前に、何とかしなければならない!

そのころ、石渡は、日菜美へどうしても好きになれなかったと伝えていた。すると、彼女から突然の告白。「本当は私たち別れていたんだ」。石渡には、すでに新しい彼女(瑠華)がいたが、それが許せず、石渡を道路に突き飛ばした……。交通事故で記憶がなくなったと知ったときは、もう一度ヨリを戻せるかもしれないと思ったらしい。でも好きにはなってくれなった。日菜美は「あのとき死んじゃえばよかったのに!」とナイフを取り出す。

そこに3人と佐知がかけつける。スローモーションで格闘していく一同。ようやく飯塚が、後ろからはがいじめにして止めるも、突然「好きです。俺じゃダメかな?」と告白する。日菜美は「はぁ!?」と苛立ち、周囲もドン引きしたのだった。

ネット上では、スローモーションが加工したものではなく、自分たちで動作を遅くして演じていたため「スローモーション茶番すぎる(笑)」「こんな笑えるスローモーションシーン初めて見たよ」「シュールすぎる」との声があった。

次回は7月15日に放送。依頼人のみなみ(黒川智花)が研究所を訪れる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル