top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

真木よう子、s**t kingz・増田昇太演じる恋人からプロポーズも「幸せな感じではない」

テレビドガッチ


唐沢寿明が主演を務める『ボイスII 110緊急指令室』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)が、7月10日にスタートする。

同ドラマは、2019年7月から放送された『ボイス 110緊急指令室』の第2弾。緊急指令室「ECU」を舞台に繰り広げられる、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」の一瞬たりとも目が離せないタイムリミットサスペンス。主人公の敏腕刑事・樋口彰吾を唐沢、緊急指令室(ECU)の室長で、どんな微かな音でも聞き分けることができるボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかりを真木よう子、樋口を兄貴と慕う後輩刑事・石川透を増田貴久(NEWS)が演じる。

そしてこのほど、ひかりに、恋人の存在がいることが明らかとなった。その相手は、樋口を慕い、後を継いだECU緊急出動班・二代目班長の重藤雄二。雄二を演じる増田昇太は、世界的ダンスグループs**t kingzのNOPPOであり、今回、役者とともに、最凶最悪の真犯人の“白塗りの男”の「舞」の振付も担当し、ドラマ界の二刀流として大注目されている。その雄二から、ひかりはプロポーズを受けているという。真木は、「今回は前回の『ボイス』では無かった恋愛要素もあるので新鮮な気持ちです。ただ幸せな感じではないですが……」と意味深なコメントを残している。雄二のプロポーズに、ひかりの出した答えとは……。そして真木の話す「幸せな感じではない」という言葉の意味は!?

<第1話あらすじ>
港東署緊急指令室(110番)の直轄チーム「Emergency Call Unit』」通称:ECU)は、通報から10分以内に被害者を救出する初動捜査に特化した部署。

室長の橘ひかり(真木)と、ECU緊急出動班の班長・重藤雄二(増田昇太)はその日、本部での会議を終えたその足で、立てこもり事件の現場へ向かう。現場では爆弾を巻きつけた男が、妊婦を人質に声を荒らげていて……。

ひかりは犯人の男の“声”に耳を澄ます。類まれな聴力と分析力を併せ持つボイスプロファイラーのひかりは、 即座に男の特徴を掴むと、指令室の室員たちと連携し、鮮やかに男の身元と目的を割り出していく。

一方、息子・大樹(鳥越壮真)のため、現場から退いていた元刑事・樋口彰吾(唐沢)は、妻の墓参りの帰り、女性が襲われている現場に遭遇。被害者・純名を助け出し、犯人の男を追う。しかし、予め逃走経路を決めていた男は逃走。その直後、先に家に帰したはずの大樹と連絡が取れなくなり……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル