top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

保護犬を職場に連れてきた!「ボス、ボス!一緒に遊ぼうよ!」と、毎日楽しくオフィスで過ごすようになった

マランダー



 劣悪な環境で長年暮らし続けていたせいで、ニンゲンへの不信感をぬぐいきれないでいる動物たちも少なくない。

 そんな彼らを引き取って献身的な愛情を注ぎ続けた結果、我々への信頼を取り戻してくれたらどんなに素晴らしいことだろう。今日はそんな1匹のわんこのストーリーをご紹介しよう。

Woman takes rescue dog to work. Predictably, he starts yelling at the boss.

 ウィリーは7年間、鎖につながれて虐待を受けていた。警察に保護されたとき、身体は傷だらけでひどい状態だったそうだ。

 保護施設で里親を待ったものの、既に成犬だったウィリーを引き取ろうという人は現れなかった。



 そんなとき、シェルターでボランティアをしていたジルさんは、ウィリーと運命の出会いをした!



 ジルさんに引き取られたウィリーは、彼女の職場へ一緒に通うようになった。ニンゲン不信に陥りかけていたウィリーだけれど、ネグレクトされていた過去からか、分離不安にも苦しんでいたんだ。

 職場につくと、ワンワン鳴きながら走り回るウィリー。ここの人たちはみんな犬を飼っていて、ウィリーを可愛がってくれる。職場に来るようになってから、ウィリーはここにいるニンゲンたちが大好きになったようだ。

 特にジルさんのボスがお気に入りで、ボスのところに入り浸って懐きまくっているんだよ。



 ボス以外のスタッフたちも、ウィリーのことが大好き。清掃員さんに至っては、ウィリーがピンクのお掃除モップが気に入ったのを見て、専用のモップをプレゼントしてくれたほど。

 今ではすっかりニンゲンへの信頼も取り戻し、ご主人や職場の人たちと、楽しくハッピーな毎日を送っているみたいだ。



 今ではガールフレンドもできて、毎日を謳歌しているウィリーくん。これからも優しい人たちに囲まれて、今までの犬生を取り戻すくらい幸せになってね!

written by ruichan

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル