top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

伊藤万理華の飯テロ演技&個性派ダンスに「可愛すぎる!」

テレビドガッチ


伊藤万理華が主演を務める木ドラ24『お耳に合いましたら。』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~/BSテレ東・BSテレ東4Kは毎週火曜24:00~)が、7月8日よりスタートした。SNS上では伊藤の演技に対して「まりっか可愛すぎる……!」などの称賛コメントが寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、主人公・高村美園(伊藤)が、あるきっかけからポッドキャスト番組を始めていくパーソナリティ成長記。愛してやまないチェーン店グルメ・通称“チェンメシ”を食べながら、その“チェンメシ愛”を語ることで変わっていく様が描かれる。

喋るのが苦手で会議中に何も発言できないでいた美園を見かねた同僚・須藤亜里沙(井桁弘恵)が、喋る練習も兼ねてポッドキャスト配信をやってみることを勧める。乗り気ではなかった美園だったが、吉田照美のラジオ番組を聴いている中で「何かを好きになる感情を言葉にして誰かに伝えないと心が麻痺してしまうらしい。ようするに、“好き”が死んでしまうんです」との情報があり、危機感を覚える。

翌日、亜里沙に好きなものの話を聞いてもらおうとするも、タイミングが合わない。落ち込みながら帰っていると、大好きな松屋を発見。お気に入りのメニューをテイクアウトし、家に帰るやいなや、初めてのポッドキャスト配信に挑戦する。

今回、美園が持ち帰ったメニューは、松屋の「カレギュウ」。トークと合わせたビジュアルや、美園の食べっぷりにSNS上では「飯テロだー!!!!!」というコメントが。さらに「明日絶対カレギュウ食べる」「この時間にカレギュウ流すのは罪w」「お腹空いた……」「テレ東は本当に飯テロドラマを作るのが上手いな」といった声が溢れた。

また、地上波連ドラ初主演を務める伊藤の演技やダンスにも熱視線。「まりっか可愛すぎる……!」「お耳だけじゃなくて、お目目にも合います」「EDのダンス最高~!」など、愛らしい伊藤の姿に胸をトキめかせていた。

7月15日放送の第2話では、配信の音質を上げるため、亜里沙と会社の後輩で音に詳しい佐々木涼平(鈴木仁)と3人でマイクや機材の買い出しをすることに。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル