top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ジョイマンの再ブレイクきっかけになった一発屋芸人とは?

テレビドガッチ


ネプチューンの名倉潤、次長課長の河本準一らがMCを務める『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:00~)が、7月8日に放送。「芸能界で人生が180度激変した人」としてジョイマン(高木晋哉、池谷和志)がゲスト出演し、再ブレイクのきっかけを語った。

今から13年前、「最も気になったお笑い芸人1位」にも輝いたジョイマンは、気が付けばテレビから完全に消え去り死亡説が流れるまでに。一時は最高月収180万円を得るなどブレイクするも、1~2年で給料も底辺まで落ち込んだという。

そこで高木は、10年ほど前からある試みを実施。「Twitterなんですけど、エゴサーチをしてしまうと『ジョイマン消えた』『ジョイマン死んだ』みたいなコメントが本当に多くて。これを何かの燃料にしなきゃいいけないと思って、コメント書いてる人、一人ひとりに『ジョイマン消えた』だったら『ここにいるよ』と送って、『死んだ』って書いた人には『生きているよ。そして生きていくよ』という風に一人ひとりに書くと言うのをはじめたんですよ」と明かす。しかし、それが逆に死亡説ツイートを増やすことになったと続けた。

その後、脱力系ラップネタを封印しようと新たなネタ“メカジョイマン”を考案。スタジオでも実演するが、名倉から「メカとか関係ないやん。一緒やんか!」とツッコまれる。そうした中、ジョイマンに助言したのが、先輩の一発屋芸人ですよ。だった。

池谷によると、ですよ。は「俺は『あ~いとぅいまて~ん』で一生やるって決めているから」と宣言。舞台で一緒のときも、ずっと手の動きだけを練習し続け「この手の動きでまだ100点が生まれてないんだよ」と語ったと話し、「かっこいい!」と絶賛。高木も「いろいろやってきて、やっぱりプレーンだっていうことで」と、愚直に自分たちのネタををやり続けた結果、今年、全国放送のCMに3本出演するようになったと明かした。

ネット上では、「よかった」「一発屋なの? ずっと好き(笑)」「ジョイマン、クソ面白過ぎるww」「ジョイマンフォローしたくなった」などコメントが上がった。

次回は7月15日に放送。「頂点を極めた人のココだけの話SP」と題し、「令和の大食い女王」驚異の胃袋の秘密&絶品お取り寄せグルメと、ドラマ『全裸監督』の原作者が語るAV史が語られる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル