top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

避難時に!なくて困ったもの、あると便利なもの

防災ニッポン

日本は多くの自然災害が発生し、どこに住んでいても災害リスクから逃れることはできません。そのため、日ごろから避難時に備えておく必要がありますが、防災用品は数が多くすべてをそろえているとキリがありません。
そこでこの記事では避難時になくて困るものとあると便利なものを紹介していきます。

避難時に慌てないためにも早めに備えよう

災害が発生して自宅に居られなくなると、その直後から避難所での生活が始まります。
避難所生活が始まってから必要なものを手に入れようと思っても、お店やスーパーが閉店している可能性もあります。大規模災害になると支援が遅れ、生活に必要な物資がすぐに届かないこともあります。
避難時に慌てないためにも日ごろから最低限必要なものを用意して備えておきましょう。ただし、あれもこれもとそろえると大変なので、厳選して用意する必要があります。

避難時になくて困るものとは

最初に避難時になくて困るものを紹介します。すでに防災用品や非常持ち出し袋を用意している!という方も、足りないものがないか確認してください。

生活用品

避難所生活を送る上で欠かせないのが生活用品です。
特に充電器、モバイルバッテリー、サバイバルシート、使い捨てカイロなどは情報収集や寒さ対策をする上で重要です。

<充電器、モバイルバッテリー>
避難生活においてスマートフォンは情報収集のため必須です。避難所であれば電気が使える可能性が高いので、スマホを充電するための充電器やモバイルバッテリーを用意しておきましょう。

広告の後にも続きます

<寒さ対策に使えるサバイバルシートや使い捨てカイロ>
暑さは薄着で対応できますが、寒さ対策は我慢するのに限界があります。厳冬期だとせっかく災害から逃れられても凍死のリスクもあります。コンパクトで持ち運びができて保温性があるサバイバルシートや使い捨てカイロなどを用意しておきましょう。

飲料・食料品

生きるために必要な食料や飲料ですが、たくさん用意してもすべて持ち出せるとは限りません。3日分程度を目安に持ち出せるように準備しておきましょう。

<おすすめの食料>

レトルト食品 インスタントラーメン 飴やチョコレートなどのお菓子 缶詰 水(3日分)

割りばしや紙コップ、紙皿などの使い捨てができる食器も用意しておくと家族で分けるときに便利です。

衛生用品

避難所でなくて困る!という声の中でも特に多いのが衛生用品です。
特に重要性が高い以下の衛生用品は、事前に非常持ち出し袋や防災リュックなどに入れておくことをお勧めします。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル