top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

LiLiCo マドンナから学んだ“自分で自分の道を切り開く力”

女性自身

LiLiCo マドンナから学んだ“自分で自分の道を切り開く力”

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代にあこがれたアーティストの話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

 

「私はハーフ(スウェーデンの父と、日本人の母)で、チビで、ブスで。しかもメークやファッションも独特で、クラスでは浮いた存在。スウェーデンでの小、中学校ではいじめられていて、学校は楽しくないところでした。そんな80’sでしたが、音楽やファッション、あこがれのアーティストが別世界に連れていってくれたから、私の脳内は幸せだったんです」

 

そう語るのは、タレントで映画コメンテーターのLiLiCoさん。18歳まで過ごした母国では、ヨーロッパ、アメリカ、そして日本の文化が刺激を与えてくれた。

広告の後にも続きます

 

イギリスのデュラン・デュランや、マイケル・ジャクソンが好きだったが、もっとも影響を受けたのは、マドンナだ。

 

「声もルックスも好きで、斬新なPV(プロモーションビデオ)にはくぎ付けになりました。LiLiCoという名前は、’80年代、アメリカでアイドルだったフィービー・ケイツがドラマで演じた『リリー』という役に『子』をつけたものなのですが、(名字がなく)名前だけにしたのは、マドンナの影響です」

 

だが、なにより魅力を感じるのは“周囲がNOといってもやりとげる強さ”だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル