top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『有吉反省会』終了で浮き彫りに…「ひな壇に払うギャラもない」テレビ局の苦境

SmartFLASH

 

「番組が終了すると聞いたときは衝撃を受けましたね。青天の霹靂と言っていい。土曜日の深夜とはいえ数字を上げていた番組だったので、ついにここまできたかという感じです」(制作会社関係者)

 

 先日、高視聴率を得てきた『有吉反省会』(日本テレビ系土曜深夜11時30分)が、9月いっぱいで終了することが明らかになった。2013年4月にスタートした同番組は、有吉弘行(47)がMCを務め、ゲストが過去の言動を告白し反省するというバラエティー。その見届け役としてバカリズム、博多大吉、大久保佳代子、友近、指原莉乃らが顔を揃えていた。
 同関係者は、番組終了の最大の原因は出演者のギャラにあったと見る。

 

広告の後にも続きます

 

「10月からの番組改編に合わせて予算が決まり、各局ともいかに番組制作費を削減するかが問われていました。すなわち、金のかかる番組を終了させるか、あるいは継続するなら出演者を減らしたり、ギャラの安い出演者に代えるなどの対応を取るかの決断を迫られたのです。

 

『有吉反省会』の場合、出演者の顔触れを見ると、全員が売れ過ぎて大物になってしまった。そのため番組が始まった当初より、ギャラはかなり高額化していたはずです。かといって、だれかを切るということもできない。検討した結果、番組を終了せざるを得ないという判断になったのではないでしょうか」(同関係者)

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル