top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

内田裕也「都知事選出馬」決めたらオノ・ヨーコからバカ扱い

SmartFLASH

 

 ロックンローラー・内田裕也が8月5日放送の『ザ・ノンフィクション「転がる魂」』で秘話を明かした。

 

 1991年に都知事選に出馬した内田。その理由は「ジョン(・レノン)と(オノ・)ヨーコの影響が大きい」と告白。親交のあったオノ・ヨーコに出馬を伝えたところ、「あら、バカね」と言われたと明かし、「憎たらしいよな」と話す。

 

広告の後にも続きます

 

 当時掲げた公約は「早急に新東京住宅プロジェクトを作る」「ハイウェイをW構造にする」などに加え、欠点として「家庭生活に向かず別居中ガールフレンドとの交際を始め妻子やGFの御両親に多大なMEIWAKUをかける!」といったものもあり、残念ながら落選。だが、5万票以上獲得し、「俺の人生に大きな影響を与えてくれた」と振り返った。

 

 そんな内田にビートたけしは「自分の中にロックのかっこよさを持っていて、それに合わないと怒る。一緒に寿司屋に行って、(店の)大将から『ロックなんて知らねえ』と言われて、『表に出ろ』と喧嘩になった」と回想。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル