top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀インタビュー「衝撃の“飛ぶ”シーンについて」「やっぱりみんな誰かを愛したい、愛されたい」

ガジェット通信

2019年10月に東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて放送され「この女、怖すぎてヤバい!」とTwitterでのトレンド入りが続出し、大きな話題となった連続ドラマ「リカ」、そして「またしても怖いのに突っ込みどころ満載!」とその中毒性にハマる人が続出したエピソード0にあたる「リカ~リバース~」に続き公開される映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』が大ヒット上映中です。

本作の原作は第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久の超人気サイコスリラー小説「リカ」シリーズの「リターン」。主演は、ドラマに続き“美しき魔性”高岡早紀。衝撃的なセリフ、誰もが目を奪われてしまう振り切った演技で、「リカ」ワールドへ引き込んでいきます。幼い頃から愛に恵まれなかったリカは、夫像、結婚像、家庭像に少女のような憧れと純粋さを持つ、自称28歳の女性。運命の男性に出逢った時、彼女のピュアな愛情は炸裂し、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない最恐の“純愛モンスター”と化していく。その狂気の愛のたどり着く先はー?

今回は主演の高岡早紀さんに本シリーズでの挑戦について、お話を伺いました!

――本作は劇場版ということで、「リカ、こんなことしちゃうんだ!」という驚きのシーンの連続でした。高岡さんご自身が驚いたシーンはありますか?

高岡さん:台本を読んで「リカが飛び上がる」と書いてあったのには驚きました。映画化をするということで、ドラマシリーズよりさらにスケールアップして作りたいというのは聞いていたので。もっと観客を喜ばせるというか、驚かせるような何かがあるのだろうな、と思っていましたが、まさか飛ぶとは。リカがどうしたら飛べるのかというのを、自分に取り入れるまでに少々時間を要しました。

広告の後にも続きます

――これまでも様々な驚く行動を見せてきたリカですが、さすがに飛ぶとは!という驚きがありますよね。

高岡さん:もともとの設定が、リカは普通ではない女性なので、そういうふうに考えていくと、飛ぶのもありなんだろうなぁっていう。映画というのはやっぱりエンターテインメントなので、みなさんに楽しんでいただけなかったら意味がないので、喜んでいただけるなら、リカが飛ぶのもおもしろいという考えに至りました。

――高岡さんにとって「リカ」は新しいことに挑戦出来る役柄ですか?

高岡さん:そうですね、すごく楽しませていただいています。まぁ、大変なんですけど……。ドラマシリーズの時も、タクシーを全速力で追いかけたり。もう年齢も年齢なので、2作目が決まった時に、「2作目はありがたいのですが、走るのはもう本当に無理なんです」なんてお願いしたんです。でも「これはリカの走るところがおもしろいから、マストです」って。「えーっ、嫌だな〜」みたいな(笑)。

――しかも顔色を変えずに全力疾走ですものね。

高岡さん:それで、さらに今度は飛ぶことになっちゃって(笑)でも、楽しかったんです。
思っていた以上に楽だったというか、楽しかった。飛ぶシーンで、私自身が楽しめるなんて思ってもいなかったので、辛いしかないだろうと。アクションも苦手なので。それが、実際にやってみたらハーネスや道具も進化しているというのもあるんでしょうけれど、思った以上に楽しくてもっとやりたいという感じでした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル