top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

わさび漬けは発酵食品!酒粕と生わさびで簡単に手作りしよう♡

haccola

発酵食品として気軽に食べたい「わさび漬け」

旅行や出張に行った人からのお土産として「わさび漬け」をもらったことがある人も多いでしょう。「観光地で買う珍味」というイメージがあるためか、「毎日食べるものではない」と思われがちなわさび漬けですが、実は立派な発酵食品であり、簡単に手作りできることをご存じですか?

当記事では、作るのも食べるのも難易度が高そうな発酵食品「わさび漬け」の作り方をご紹介します。また、わさび漬けの健康作用や保存法、賞味期限などもチェックしてみました。

「酒粕」と「生わさび」で、簡単に自家製わさび漬けを手作り!

「酒粕」と「生わさび」で、簡単に自家製わさび漬けを手作り!

酒粕と生わさびがあれば、簡単に自家製のわさび漬けができちゃいます! 酒やみりんと練った酒粕に、生わさびを切って混ぜるだけで、手作りのわさび漬けの完成。最近は、スーパーでも生わさびが1年中で回っているので、すぐに入手できそうですね。また、酒粕が味を決めるので、美味しい酒粕が手に入ったら、ぜひ作ってみたい逸品です。

わさび漬けの健康効果

わさび漬けの健康効果

わさび漬けは、わさびの辛み成分や独特の香りのほか、酒粕の健康作用も期待できる健康効果の高い発酵食品です。

抗酸化作用でアンチエイジング

わさびの辛み成分は「アリルイソチオシアネート」といわれ、抗酸化作用がありアンチエイジングが期待できます。また、記憶力や学習能力を改善させる脳細胞の再生効果もみられるそう。

広告の後にも続きます

さらに、わさびの「ペルオキシダーゼ」という酵素は、体に入り込んだ異物の解毒を促進するとされ、抗ガン作用なども期待されています。

血液がサラサラで血栓予防作用

わさびに含まれる「アリルイソチオシアネート」は、血液中の血小板の凝集を抑制し、血液凝固を防ぎます。そのため、血液がサラサラになって血栓ができづらくなり、動脈硬化の予防も期待できます。

食中毒の予防

わさびは、食中毒やカビの予防、O-157や腸炎ビブリオ、ブドウ球菌に対しての殺菌作用もあります。また、魚介類などに寄生する線虫に対しての抗虫作用もみられるため、お刺身に添えるなどして昔から利用されているのは、先人の知恵でもあるのですね。

発酵食品の王様・酒粕の健康作用もたっぷり!

発酵食品の王様・酒粕の健康作用もたっぷり!

酒粕は、ビタミンB2、B6、食物繊維がたくさん含まれてきます。酒粕は、日本酒のもろみを絞った時に残ったもので、発酵に関わった微生物や酵素が生きているため、ゆるやかに発酵し続けています。栄養も豊富で、ビタミンB2は米の13倍、B6は、8倍、食物繊維は約10倍含まれています。

酒粕の使い方や保存法、レシピをチェック!>>

わさび漬けの材料・作り方

わさび漬けの材料・作り方

【材料】

わさび漬けの材料

・わさび(葉、茎、根)  50g
・ねり酒粕       50g
・白味噌        小さじ1/2
・きび糖        小さじ2
・みりん        15cc
・酒          15cc
・塩          1g(わさびを揉むため)

【作り方】

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル