top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

父親に「お前殺すぞ」実家暮らしの37歳独身男性YouTuberに批判が続出

yutura

人生ドキュメンタリー動画を投稿する「ただのフリーター」(登録者数1万人)の動画に批判が集まっています。

「ただのフリーター」とは?

ただのフリーターは、「フリーター歴19年 37歳独身高卒男の日常」を投稿するYouTuber。

青森出身のただのフリーターは、高校卒業後、夢を追って上京するも挫折。
就職しても長続きせず、アルバイト先を転々としながら30代を迎え、35歳となる2020年にYouTube活動を始めました。

人生の目標は、「結婚をして家族を持ち、家を建てること」であり、今年からは、専業YouTuberとして活動しています。
フリーターとして働いていたころは「底辺の給料日ルーティン」を赤裸々に語る動画が人気を集め、視聴者からは応援の声が集まっていました。

無職の父親に不快感。親との距離を置くことを決意

広告の後にも続きます

今年5月からは、地元青森に帰郷し、両親の住む実家で生活しているただのフリーター。
6月21日に公開した動画では両親への不満をぶちまけています。

ただのフリーターによると、母親が週7日で働いている一方、父親は働かずに横柄な態度をとっているらしく、

見ているだけで腹が立ってくるのでね。早く家出たいですね。

と不快感をあらわに。動画後半では、

僕は父親を憎んでいた。あまりにも身勝手で傲慢なところが許せなかった。母親にも言いたいことはある。
しかし親子の関係というのは厄介だ 。他人同士なら縁を切れるが親子の縁は切れない。それに、少なからず育ててもらった恩はあるからだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル